臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

赤羽太

某釣りブログにて

磯上物を狙っているのに

アカハタ

をよく釣る人に対して

アカハタ先生

なる呼称を与えていたが

何か違う意味にしか聞こえない。

選挙期間中だからか?
スポンサーサイト
  1. 2017/10/19(木) 18:41:37|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

葛根湯

取説「食前、食間に服用してください」

食後臥龍「」
  1. 2017/10/17(火) 12:31:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

取捨選択

ハリスの角度について日頃考えていることが

そのまんまつ×ぐ×さんのHPに書かれている。

私がその思考に至る過程でヒントになったのが

松田稔の「ハリスが水平になったら飲まれます。ハイ」

という松田稔botのツイートなんですが


一方でつ×ぐ×さんは今日は

「全遊動沈め釣りなんで絶対釣れん仕掛けゾ」という発言を一蹴してる。

言ってるのは松田稔(bot)じゃね?


四国南西部のスレっからしの巨大尾長が相手だと

松田「ウキが沈む前に合わせろ」というように

超人的な合わせからの先手必勝、取り込みまで主導権を渡さないヤリトリをしないと獲れないもの

という認識ですが


その点において全遊動沈めでは先手も主導権も取れないであろうことは想像に難く無い。


つ×ぐ×さんの想定しているシチュエーションがかなり限定的な場合なので

あらゆる状況下であの仕掛けが通用するとは私も思えない。


北部九州の磯と関東の磯の絶対的な違いは

魚影の濃さ、風から逃げる場所の有無、そして根の荒さ

とは関東のプロが口を揃えて言う台詞。


鵜澤さん曰く

トーナメント仕様の細仕掛けで50cmオーバーの口太を

北部九州でなら上げられるけど

伊豆や房総では上げられない。


つまりそういうことなんでしょう。


実際房総では至近距離の根の際で掛けて

有無を言わさずゴリ巻き

そんな釣りばっかりですね。

大した大物釣ったこと無いけど。


それは兎も角

ソラとウミのアイダの宣伝してる立花理香がぐう可愛い。
  1. 2017/10/15(日) 23:06:20|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シイ的

A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!

今日のリクエストテーマは

ラノベ・小説が原作のアニメソング


このテーマでまさかスレイヤーズ関連曲が1曲もかからないとは思わなかった。

キミまちリスナー終わってんな。


リスナー層が若いからスレイヤーズなんてオッサンアニメの曲なんてリクエストされないのか…

と思いきやOVA版のロードス島戦記の主題歌

Adèsso e Fortuna 〜炎と永遠〜

が流れてる。

1990年ってスレイヤーズ1期より5年も前じゃねーか。


来週はキミまちでは初めて

電話リクエスト

だそうです。

文化放送の生放送でアニソン電リクといえば

走れアニゲマスター

以来か?


肝心のリクエストテーマは



赤にまつわるアニメソング。


そういえば来週は総選挙投開票日ですが

リクエストテーm
  1. 2017/10/15(日) 15:52:41|
  2. ラジオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゼクトα

釣研のHPを見ていたら

昨日まで無かった

ゼクトα

のサイトが追加された。


元々ゼクト自体が発売当時は

トーナメントゼクト

としてリリースされていたはずですが

いつの間にか「トーナメント」が名前から外れたなぁ、と思ったら

釣研最高ランクのウキに「トーナメントグレード」なるクラスができて

紛らわしいからトーナメントゼクトがただのゼクトに改称したんだなぁ、と理解しました。


今回、満を持して?

トーナメントグレードにゼクトαとして新登場したウキ。

森井陽監修ということで期待しちゃいます。

この秋は阿波釣法に立ち返ろうとちょうど思っていたところだったので。


ノーマルのゼクトとどう違うのかイマイチ分からんけど。

ピュアオレンジ欲しいな。
  1. 2017/10/13(金) 23:34:39|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ