臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

1st Priority

東扇島西公園でサンマ級のサヨリが釣れた

という情報をTwitterで見かけたのは5月9日ぐらいだったかな?


回遊性の魚を釣るためにはアジのような周年釣れるような魚を除けば

情報の新鮮なうちに突撃を駆けるのが常套ですが

生憎木曜日は医者に行ったり産業医と面談したりと予定があり

金曜は親の買い物予定があり車が使用できないということで

混雑覚悟で5月12日土曜日の釣行と相成りました。


引き続きTwitter情報を集めていると

どうも木・金とサヨリの釣果が徐々に少なくなっている模様。

反対に川崎および対岸の富津でイナダの釣果が見られたので

大量のルアーマンが押し寄せて混雑する予感。

…一応、普段出番が無いLABRAXとBIOMASTER、AFTERBURNERの用意だけしておく。


餌島でアミ姫、アミブロック、サヨリパワー、付けエサ用のオキアミブロックを購入して東扇島へ。

駐車場到着が8時50分、支度をして釣り場を見るとズラっと人人人。

若洲の釣り堤防ほどの人口密度では無いにしても、まあまあスペースが埋まっている。

東扇島には今回が7年ぶり2回目の釣行なのでどこがポイントなのか皆目見当が付かず。

とりあえず一番潮通しが良さそうな先端目指して歩く。


…くっそ遠い。

今GoogleEarthで確認したら駐車場から先端までおよそ600mほどもあるのね。

そして第2駐車場を使えば歩く距離はその半分程度で済んだのね…

途中で駐車場横にあるトイレに2回行ったのでトータル3往復したのでそれだけで3.6kmも歩いたのか。


事前情報では一番潮通しが良い先端付近は常に混みあっているとの情報でしたが

角にカップルが陣取っているものの、運よくその直ぐ手前のスペースが空いていたので

両サイドに挨拶してそこに釣り座を構える。

…混みあっているハズなのにこんなにスペースが空いているということは釣れていないのか?


今回のタックル

竿:SeaArena 磯 2号5.3m
リール:EXSENCE BB 4000HGS

竿については釣りクイズ用に購入した安竿。

今までの戦果は長浦の落ちハゼぐらい。

リールに関しては出番が無さすぎて今まで釣果無し。多分。


とりあえずバケツに海水を汲んでアミブロックの解凍を用意しておき

午前10時、アミ姫で釣り開始。


午後4時半

ここまで何も無し。

隣でウミタナゴが釣れたり角を曲がった辺りで単発のアジが釣れていたりしたのをみて

LARISSAとDESPINAを組んでなんちゃってウキフカセや普通のサビキをやってみたりしたものの

徒労。

そろそろ帰ることを考えだした矢先

左から右へ風が吹いているのに転倒ウキのトップが何故左に傾いているんだろう?

もしかして魚が仕掛けを引っ張っている?

まさかぁ…

などと思っていると

ウキの直ぐ左側で細長い魚体がピシャっと跳ねて転倒ウキがスコーンと倒れる。


6時間半、全く魚が釣れる気がしない状況からの突然のアタリに思わず

「キタ!」

と叫んで軽くアワセを入れるとサヨリが横っ走り。

ぐりぐり巻いて足元まで寄せたらゆっくり大きく竿を煽って

ずっぽ~ん

と真上に抜きあげ。

頭上を越えて真後ろに魚と仕掛けを落とす。

いや、タモ入れできないじゃん。サヨリって。


引っこ抜いたサヨリに近寄ってみると明らかに自己記録更新サイズ。

クーラーボックスの蓋に貼ってあるスケールでサイズを計ると上限の35cmを超えてる。

普通の人ならばここで写真を撮ってインスタにでも上げるんでしょうが

ここまで7時間近く何も音沙汰が無かったところで急に釣れましたからね

この群れを逃してはいけない。

魚を早々にバケツに突っ込んで次の1投を用意。


後ろを振り返ると野良猫が2匹。

お行儀よくちょこんと並んで待機。

急いでバケツのサヨリをクーラーボックスに移す。

後にTwitterで同日にサヨリを釣った人がバケツに入れていたサヨリが行方不明になったことが報告されていた。

まあ犯人はこいつらか、その仲間だろうな。

この公園、やたら野良猫が跋扈している。

ザっと確認できただけで10匹はいたな。


サヨリが釣れるまでは17時で帰る予定でしたが

16時40分に釣れてしまっては延長せざるを得ない。


18時納竿。


今回の釣果

臥龍:サヨリ×1
臥龍父:PB


翌日サイズを計ったら37.5cmありました。

和田で釣った34cmを3.5cm記録更新しました。


サヨリ美味し。

20180512サヨリ37cm5mm
スポンサーサイト
  1. 2018/05/13(日) 23:22:01|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

猪熊理論

世間はGW明けで出勤が憂鬱なサラリーマンや

5月病の学生がこれから発生する時期ですが

私は引き続き休暇です。


磯釣りスペシャル読んでいたら

名手たちの仕掛けをタイプ分けしてそれぞれのコンセプトを解説したインタビューが載っていますが

それを読んで初めて気づいた。

猪熊博之さんの仕掛けとその戦術について今まで誤解していた。


猪熊さんといえば釣研のエイジアMPシリーズの監修をしていますが

その細分化された精密浮力と約7mのロングハリスにウキを入れ込んだ仕掛けが特徴的です。

今までロングハリスによる全遊動沈め釣りは無段階でタナを探り

且つ食い込み抵抗を極力低減させるためにガン玉とウキ止めを排除し

それでいて風による影響も排除するためにウキ〜竿までの糸を適度に沈める

ためのものだと思っていました。


記事によれば

タナを上〜下まで探るということは

絶対に

しないそうです。


一般的な半遊動におけるウキ止めは

ウキ下を設定するために設けますが

猪熊さんの仕掛けではそれをウキストッパーが担っていると。

ウキストッパーはウキの下部に付けて仕掛けの投入や回収など仕掛けを空中で操る際に

それ以上ウキが落ちてくることを防ぐ役割を持っていますが

それがウキ下の設定?と思ったけど猪熊さんは自身の仕掛けを

全遊動固定仕掛け

と表現されていて

一見すると矛盾した表現とも思えますが

実に言い得て妙な表現だな

と思うと同時に

その真意がようやく理解できた(気がした)。


一般的な半遊動のウキ止めがウキ下をそれ以上落とさないためのモノと位置付けると

それは猪熊さんの仕掛けではウキ上のフロロカーボンに相当しますが

ウキ止めを「タナを設定する」ためのものと理解すると

確かにウキストッパーがその役割を果たしているなと。


記事によれば、猪熊さんの仕掛けの主眼は

食い込み抵抗を極力低減させること

であり

風の影響を回避すること

は副次的な効果だそうな。

そして浮力01を使用した時に海面下50cm程度沈んだ状態でサスペンドするようなセッティングを基本として

狙うタナを探るのはウキストッパーの位置とウキの浮力の選択による

というものと理解し直ししました。


その上で釣り場で状況判断して

それらのセッティングを選択するのは

やはり一朝一夕で身につくものでは無いなあ、と。


一方でそもそも関東ではそこまでの状況にはならないと思っていますが。

というのも

関東は北部九州に比べて絶対的な魚のストックこそ少ないものの

そこまで徹底して釣り人にイジメ抜かれてないので

スレッカラシも少ないという認識なので。

関東以外で釣りしたことないけども。
  1. 2018/05/07(月) 10:30:24|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018年富津第3ラウンド

世の中には2種類の人間がいる。

1つは5月1日2日が休みの人間

もう1つは5月1日2日が仕事の人間だ!


世間では

5月1日2日が休みだと9連休という大型連休に!

という話題をチラホラ聞きますが

9連休どころか現在20連休中

まだ最低11ぐらいは延びる模様。


5月1日、下洲です。

今回は乗っ込み最盛期ということで

投げ釣りは省略

最初から1日ぶっ通しでウキフカセの予定です。


投げ釣りはいつもオキアミの解凍時間の暇潰しにやっていたんですが

2日前の4月29日にエサを購入しておいたので

釣り場に着いた時点で既に解凍完了。

早速コマセを作ります。


今回のコマセ

チヌパワームギSPECIAL
湾チヌスペシャル
チヌパワー徳用2倍
オキアミ3kg

これを午前と午後、半々に分けて作ります。


今回のタックル

いつもの。


今回の釣果(臥龍分のみ)

口太×11(最大28cm)
フグ×2

同行した父も30cm筆頭に口太を数匹。

本命のクロダイは不発でした。


よくtwitterで釣果自慢してる人のツイートを見るんですが

その時は真似したいなーとは思うんですが

無理ですね。

釣りしてる時は釣りに夢中で写真撮る時間も惜しいぐらい必死なので

とてもtwitterまで手が回らない。

釣り座で竿を構えた状態での写真をアップしてる人とか

尊敬というか羨ましいというか

やってやれないことは無いんですけどね。

と言うわけで今回は写真無しです。

笊に並べるのもちょっと面倒なので割愛。

乗り切らないし、わざわざ撮るには疲れ過ぎた。


釣り場で通りすがりののオッチャンに

「良い竿使ってるね」

と声かけられたんですが

TOURNAMENTの時も思ったけど

やっぱり恥ずかしい。

腕が見合ってないので。
  1. 2018/05/02(水) 14:50:27|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナナマル

世間的には今日からゴールデンウィークに入ったようですが

私は既に3週間目に突入しています。

全然楽しくない。

楽しいことと言えば

釣り雑誌を読むことぐらい。

あとは今日の巨人ヤクルト戦については久しぶりに見ていて安心できる試合だったので

心から楽しめたぐらいですか。

テレビで中継を観ていただけですが。


磯釣り伝説Vol.6が漸く読み終わりそうですが

ただ雑誌を読んだだけで釣りが上手くなった気になってる。

新しく得た知識を早く試したい!

と思っているんですが

まあゴールデンウィーク中は1回行けるかな?

ぐらいの期待ですね。

そして行き先は富津で確定しているので

新しく得た知識が試せるほど地形にバリエーションが無いんですけどね。


でもこの雑誌というかムックを読んで良かったのは最後の高園さんの特集

「ナナマルチヌは存在するのか?」


別に富津でナナマルが釣れるとは思いませんが

それでもロクマルは可能性があると思っています。


この記事の何が良かったかって

クロダイ釣りでは竿や道糸、ハリスの組み合わせについて

メジナ釣りに比べると1ランクも2ランクも3ランクも弱いタックルを使うことが常識となっていますが

こと超大型のクロダイに焦点を絞るなら

相当に強いタックルを組むべきだ、という内容が明記されていたこと。

プロでもそのような考えを持っていることを確認できたので

やはり私は間違ってはいなかったんだな、と安心できました。

…それでも私のタックル自体はやりすぎかもしれませんけどね。


どうでも良いけど「ナナマル」という文字列を

「ナナマルサンバツ」以外で見るとは思わなかった。

70cmオーバーのクロダイを釣ったら勝ち抜け、3回離婚で失格。
  1. 2018/04/28(土) 18:46:04|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

磯釣り伝説

3年前に富津で大物クロダイをバラしてからというもの

ウキフカセについてどうやったらより釣れるか

を真剣に考えて来ましたが


先日買った

磯釣り伝説Vol.6

たまたま本屋で見かけたので購入した1年ぐらい前に発行されたムック本ですが

内容は

先達の釣技をモノにする

ということで、これまで主にグレ釣りで発展してきたウキフカセの釣法について解説した本になっていますが

ここ3年で考えてきたウキフカセで如何により多く釣るにはどうしたら良いか

がそっくりそのまま書いてあった。

本の発行は1年前ですが

解説している釣法は10年以上前に確立されたモノだったりするので

ようやく10年前の最新釣法に追いついた、ってとこでしょうか。

それも私の場合は最新釣法を知った上で漸く辿り着いた形ですが

10年以上前にもう既に考案されていたんですね。

今の最新の釣法を見ていない状態から独自に考案されているんだから

やはりプロの頭ってどうかしてるわ。


ちなみに私の中では漸く00号を用いた沈め釣りから000号を用いた全層水平釣法にシフトしつつあるところだったんですが

そこまできて漸く1000釣法を起源とするような現代釣法の意味が理解できてきた。


まだ最後まで読めてないので早く先を読みたいんですが

まだちょっと頭がクラクラするので思うように読み進められない。
  1. 2018/04/26(木) 09:33:18|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ