臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

Bluetooth

サークルKサンクスで久しぶりに

窯出しとろける抹茶プリン

を見つけて小躍りするぐらい嬉しい臥龍です。

先日窯出しとろけるプリンを見つけてからときどき店内を物色していましたが

この窯出しとろけるプリンシリーズさえあれば

ファミマと統合しても何も問題ない。

サークルKサンクスの唯一にして最大の存在意義はそこなので。


しばらく前に外側被覆が千切れてしまったインナーイヤーヘッドホン(コード長60cm)を

久しぶりに使ってみたら、やはりコード長120cmのインナーイヤーヘッドホンより全然使いやすいんですよね。


会社帰りにヨドバシに寄って店員さんに相談したけど

やはりコードが短いイヤホンは圧倒的に少ないみたい。

そしてその少ないイヤホンが安い。


普通目当ての商品が安いと嬉しいものですが

不思議なもので、イヤホンについては安いほど信用が置けないので

あまり高いものは手が出ませんが、それなりの値段のモノでないと安心して買えないというジレンマがあります。


とはいえ通勤途中に電車の中で聴くぐらいなので雑音だらけの環境で

しかも聴くのがアニソンのみなので、何をそんな音質厨みたいな戯言を言っているんだと思われるかもしれませんが

それが私個人の中での線引きなんです。


個人的には過去に2000円程度のイヤホンを使ったら音がスッカスカで残念な気持ちになったことがあったので

断線し掛かってる今のインナーイヤーヘッドホンと同じ5000円ぐらいのモノが欲しいんですが

無いんですよね。

コード長60cm程度でその値段のモノが。


Bluetoothイヤホン

というものがあるのは知ってはいました。

知ってはいましたが今まで頑なに使用を拒んできました。

理由は

電磁波の曝露で脳腫瘍になったら嫌じゃないですか。


私が脳腫瘍と診断されたあとに東京女子医大で携帯電波と若年性脳腫瘍の関係性についての疫学調査

みたいなものに協力したことがありましたが

なるほど、長時間電磁波に曝露し続けると脳腫瘍にな…るかもしれない。

まだ未解明っぽいですが。


確かその調査では

何年頃に
どこの会社の
どの機種を
どのくらいの頻度で
どっちの手に持って
どんな用途で使用したか

とかを、事細かに聴取されましたね。

もう手元に残ってない最初に使用したガラケーをカタログで発見したときは感動しましたね。


その調査で、どのくらい脳がケータイ電波を曝露したかを調べてるはずなんですが

肝心なことを伝えそびれていたんですね。


初めてケータイを親に買ってもらったのは高校2年の秋だったと記憶していますが

やはり新しく手に入れたオモチャというのは片時も手放したくないもので

寝る時に充電器を差したまま枕の下に置いて寝ていたんですね。

夜中に着信があってものすぐ応答出来るように。


個人的なイメージでは、充電中が一番電磁波を放出しているんじゃないですかね?

確かケータイ充電中が一番ラジオの感度が悪かった記憶がある。


将来自分に子供ができたら絶対に寝ながらケータイを弄るのだけは禁止しようと思う。

特に充電しながら、とかは。


「お前、子供どころかそもそも結婚する予定も無いじゃん」

というツッコミは間に合ってます。

最近はこういう自虐風のネタを書いても全く動揺しないどころか

チクリとも心が痛まなくなってきましたね。

進化です。


Bluetoothがもし身体に何らかの健康面での影響があるとしたら

レセプターよりも発信器であるiPodに近い組織の方が影響あるだろ

と思うも、そもそも上記のような無茶な使い方をしなければ問題無いかな、と勝手に解釈して

Bluetoothはオッケー

と自己完結。

そもそも出力とか周波数帯域とか違うんでしょうけど。


2日ほど使いましたが

素晴らしく使い勝手が良いね。

若干耳にフィットしてないけど。


ところでイヤホンとインナーイヤーヘッドホンって何が違うのか良く分かってません。

全く混同して使用してます。


ちなみに釣竿に関していえば

値段が高ければ高いほど信用に足る性能を保有している

と思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/19(金) 00:04:10|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

回忌と周忌

with youのブックレットの閣下のインタビューを読んでいての野暮なツッコミ


岡崎律子さんの没年月日は2004年5月5日なので

13回忌は2016年5月5日になります。昨年ですね。

今年は13周忌となる訳ですが一般に1周忌以外で周忌って表現は多分使わないですね。


回忌は亡くなった当年を1としてカウント

周忌は亡くなった翌年を1としてカウント

意外に知られてないんですね。


アルバムにケチ付ける訳ではありませんが

こういうの見つけると言わずにはいられない性格なので。
  1. 2017/05/03(水) 08:11:07|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

共感性羞恥

去年の夏に一度共感性羞恥の話を書きましたが

モニタリングは観てられないけど

ぶっこみジャパニーズは観れる。


ああ、これは騙されているフリをしているだけだなぁ

と思いながら観てるからか

共感性羞恥が働かない。

むしろヤラセじゃねーか、とか

エンターテインメントとして割り切って観る、とか

海外で変容した文化はその地でウケるように現地の人のセンスでアレンジされているのだから無理矢理オリジナルを押し付けなくて良い、とか

海外の寿司はそもそも生モノの流通体制の問題があったりオリジナルを高いレベルで模倣するにはハードルが高過ぎる、とか

イロイロ考えてしまうからかも。


モニタリングはただ出演者が嫌いなだけかもね。

一度もまともに観てない。
  1. 2017/04/12(水) 23:13:17|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

月は自転しない(文学的表現)

テレビ番組観てると間違ったこと言ってるな、と思うことは結構頻繁にあるんですが

その度にメディアリテラシーについていろいろ言いたくなります。



今回のはメディアリテラシーとか科学リテラシーとかそういう問題では無い気がする。

制作体制とかチェック体制の問題でも無くて

教育って何や?という話とも少しズレてて

アホが情報を発信できるようになった社会

ここが怖いなぁ、と。

受け取る側の問題ならメディアリテラシーなんだろ、うけど

それだけじゃ片付けられない怖さを感じる。

ハチミツ離乳食とか。


知ってる人間からしたら

何をバカな

と無視されるような嘘やデマも

よく分かってない人間が発信して知らない人間が受け取るので

時にトンデモナイことが起こってしまうこともあるんだろうなぁ、と。


ちなみにこのブログは虚構と幻想が浸潤して境界が筆者自身分からなくなってるので話2分ぐらいで聞いてください。


月の運動で不思議なことと言えば

潮の満ち引き

が月と太陽と地球の位置関係に由来するというのは

常識と思っていたら日本人の3割しか知らないとかいう衝撃的な話がしばらく前にハナタカなんちゃらで紹介されていましたが

釣り人にとっては常識と思われる知識が一般的には常識ではなかったりふるんですね。


潮干狩りのシーズンは凡そゴールデンウィーク前後

というのは何となく世間一般に浸透している感覚だと勝手に思ってますが

別にアサリは一年中いるしクロダイみたいに産卵のために深場から浅瀬に移動する訳でもなし

何故この時期なのか

という疑問について。


以前は

ちょうど気温が上がって来て、少し遅れて水温が上がるので

GWぐらいの時期が水温的に丁度いい感じになるからかな、と思っていたんですが

だったら夏の海水浴シーズンでもできるじゃん?

GWに乱獲されて目ぼしい大きさのアサリが駆逐されてしまったからできないのか?

でもアサリも成長するのにそれなりの年月掛かるハズで一年草みたいに毎年当歳の貝がそんなに大きくなる訳じゃないし

何で?

と思っていたんですが


潮干狩りに適した条件というのは勿論水温もありますがそれ以上にレジャーとしての重要な要素は潮の満ち引きなんですね。


大潮の干潮がちょうど昼前後に来るのは毎年決まってGW周辺の時期だから


潮干狩りは潮が引いたタイミングで無いと出来ない訳ですが

中でも大きく潮が低く大潮の干潮が一番潮干狩りが出来る時間が長いんですね。

だから別にGW以外の時期でも朝や夕方であれば潮干狩りはできるし

肩まで水に浸かってマンガと呼ばれる道具を使えば潮が引いてないところでもアサリは取れる訳です。

尤もマンガを使った貝類の採捕は漁業権を持ってる漁師しか許可されてないハズですが。


私が数年前まで知らなかったのは

毎年GWぐらいの時期はお昼近くに大潮の干潮が重なるってこと。


月の運動が

一回公転する間に一回自転する

だから月は常に地球に同じ側を見せている

というのは非常に不思議な感じもしますし

だから月は巨大な宇宙船で裏側を地球に見せないようにしている、とか

月の裏側を念写した、とか

オカルティックな話も出てくる訳ですが


大潮、中潮、小潮、長潮、若潮

月と太陽と地球の位置関係によってこれらの潮の満ち引きの大きさが関係してくる訳ですが

毎年決まった時期に同じ時間帯で同じ位置関係って

月が常に地球に同じ側を見せている

ってこと以上に不思議だと思うんですが

これはあまり知られていないように思う。


というか月が常に地球に同じ側を見せている

というのは義務教育で習いますけどね。


あ、

太陽と月と地球が毎年決まった時期に同じ位置関係にある

ことについても

マジかよ!?

と思った方は

自分で調べて確認されることをオススメします。

何せ分かってない人間が書いてますからね、このブログ。


後から読み返すことってほとんど無いんですが

ちょいちょい間違ってますからね。
  1. 2017/04/09(日) 14:39:29|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金髪

以前

ウーマンラッシュアワー村本



宮台真司

が似ている。

というツイートを見て

ずーっと頭に引っ掛かってた「何か」の正体が分かった。


八木沼悟志



津田大介

が似てる。

と思って検索したら

2人のツーショットがヒットしてビックリ。
  1. 2016/12/24(土) 13:43:00|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ