FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

タチコマのパラドックス

第1回綾斗杯お疲れさまでした。

なんか終了後にアドバイスなどといって空気を読まずに注文つけたり文句言ったりしましたが

企画にはいろいろな形があると思うし、それは企画者様の個性だと思います。私の言うことなど気にしないでください。ただのわがままです。

第2回期待しています。


「エピメニデスのパラドックス」

にタチコマのフリを付けてお手軽にヲタフリ問題を作ろうと思ったけど、タチコマの場合は「ボクは嘘つきである」と言ってたような気がする…

その場合、クレタ人と違ってより限定的なのでwikiにあったような量化子を導入してパラドックスを回避することはできなさそう…となるとこれは自己言及のパラドックスの中でも別物になるんですかね?

もしくはこの「ボク」がタチコマというある一定の期間を置くと並列化される特殊な存在の発言であることに注意すると

「ボク=タチコマ」になって全てのタチコマが嘘つきではないというような回避は…いや発言の時点で並列化状態になっているわけではないから「ボク=発言しているタチコマ」にしかならないし、もしちょうど並列化状態になっている状態での発言ならば、それはそれで一つのパーソナルとして認識されるからどの道ダメか。

そもそも並列化してもタチコマは個が存在しているようにしか見えないし。

没です。


「私の言うことなど気にしないでください。」

という言葉も発言をしているのが私である時点でパラドックスっぽい感じがするなぁ…

あ、「第2回期待しています。」っていうのは「気にしないでいい私の発言」の外にあると思ってください。

という言葉も(ry


と言いつつも、空気を読む気が無いのでさらに注文を付けてみる。

今回に限らず最近の内部大会だけど、どうしてみんな記録をつけないんだろう?

せっかく企画打つんだから記録残そうよ。製本しろとまでは言わないけどせめてコピー誌を部室に1冊ぐらいは…

たぶん私より下の代の企画って記録集1冊も無いんじゃない?


翌日にクイズの企画が控えているのに徹夜をするべきではない。

ということを鉄砲巻14人前杯のときに学んだはずなのに…まあ私が出るわけじゃないんですけど。

新人戦に出た人はお疲れ様でした。応援どころじゃなかった。眠くて。
スポンサーサイト



  1. 2008/06/28(土) 22:23:33|
  2. クイズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6