fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

Bridge

と聞くとアニサマよりも米倉千尋を先に連想します。

『学園都市ヴァラノワール』の主題歌ですが作品の評価が酷いってことしか知りません。


今日は「一緒に釣りしましょう会」の主催者の一人である川越の魚人さんの呼びかけで

大会ではなく「ミニ釣り会」ということで若洲海浜公園にて釣り…は私以外の皆さんでされまして

私は釣りはせずにデジイチで撮影してました。東京ゲートブリッジを。

まだ完成してから行ったこと無かったもので。

あと過去2回の「一緒に釣りしましょう会」では、その主たる目的である「釣りを介して交流を深める」という点を

完全無視して本気で釣りして2回とも優勝という所業を反省し

今日は専ら川越の魚人さんと、もう一人の主催者であるcocoさんとの会話にほぼ専念してました。

というか、運転できないので公共の交通機関を使わざるを得ないのですが

釣り道具を担いで電車・バスに乗るのはちょっとダルすぎて…

まあ東京ゲートブリッジも撮影したかったのでちょうどいいかなって。

現地着いたらたとえ釣りの用意をしてきていても気力を一瞬で折られるタフコンでしたが…


まず新木場に着いて驚いたのがバスの本数の少なさ。

1時間1本程度とか。

次のバスまで50分。

iPhoneで検索するとゴルフリンクスまで35分。釣り場までさらに10分足しても歩いた方が早いと結論。

新木場駅から東京ゲートブリッジまで歩きました。約40分。4km。

昨日の野鳥観察では8km歩いてるから大した距離じゃないです。

汗だくになりましたが。

そしてたまの『学校に間に合わない』よろしく螺旋階段状の建物からゲートブリッジに登り撮影。

ライト兄弟の飛行機は1台も無いし、エレベーターもあるけど。


ゲートブリッジの真ん中手前あたりで引き返す。

北風強すぎ。寒すぎ。

コキュートスってこんな?

これでもシベリア抑留はもっと酷かったことを思うとスターリンに対する憎悪が増しますね。


釣り場に着くと川越の魚人さんに挨拶。

今回はその他の参加者がcocoさんぐらいしか知らない、新しい人ばかり。

そんな方々と軽く挨拶を交わすものの大変失礼な話ですがほとんど、いや、全く顔と名前が一致してません。

故に詳しい釣行記とかは川越の魚人さんかcocoさんのブログを参照してください。


cocoさんが一番遅れて15時半ごろ到着。

この時点での釣果は川越の魚人さんの小さなカニ3匹のみ。魚類は皆無。ダボハゼ1匹釣れないという状況。

この寒さと強風の中、さらに釣れないとなると

いつもなら釣り場にいて釣りができない状況だと「あー私も釣りしたいなー」っと思う状況ですが

今日に限っては「どうぞ皆さん頑張ってください」としか思わない。


人工磯で喋っていた16時20分頃

テトラに置き竿にしていたcocoさんの竿が見当たらない。

慌てて釣り座に戻るcocoさん。

何か大物に引っ手繰られたか!?と思って私もデジイチ片手に追いかける。

どうやら強風で竿が倒れただけとcocoさん。

なんだ~と思っていたら「あれ?何か付いてる!」

マコガレイ 22cm

もうね、神が降りたかと。

デジイチで撮影後カレイは川越の魚人さんへ進呈。

他人の釣果を紹介することはできないこともないですが

きっとcocoさんご自身のブログの方の釣行記で紹介されると思いますのでここでは割愛。

写真データは先ほど送信しました。

ただcocoさんは多忙なのでいつアップされることやら…読み応えのある記事を期待してます。


その後、寒いので17時撤収。

新木場のシャノワールにて次回大会の会議モドキ。

ウィーン会議がどんな様子だったかは知りませんが

何も決まらず。

決まらないどころか3月下旬予定さえ白紙に戻りました。

なかなか難しい。


若洲は風から逃げる場所が無いため汗だくで到着すると寒風が汗を冷やして辛い。

まるでルシフェルの巻き起こす凍てつく風に罰せられているかのような辛さ。

「これも何かの修行」どころか拷問のレベル。

そんな中で小型とは言えサクっとカレイを釣ってしまうんだから流石。


追記にはゲートブリッジの写真をちょこっと貼っておきます。

ここはゲートブリッジ越しの夕日と富士山が美しいので夕方になるとデジイチ持った人たちが結構集まります。

何気に名所なんですね。

完全に日没した直後の方が富士山の稜線が綺麗なんですが寒くてもうカメラを構える気力も無かった。

最後の1枚に薄っすら富士山が写ってるんですがわかりますかね?
スポンサーサイト



[Bridge]の続きを読む
  1. 2013/02/24(日) 23:28:37|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2