臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

きっと明日は良いtomorrow

笑っていいとも!の思い出については

さまぁ~ず三村が全て代弁してくれました。


最後の締めに

「それでは、また明日も見てくれるかな?」

は感動した。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 23:33:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バグ

昨日はクイ研の追いコンにお邪魔してきたんですが

いよいよ着いて行けなくなってきた。

私が弱くなったのもあるけど

やっぱり現役生の成長ってすごいなと。

みんな強いなーと関心しました。


昨日の私の脳のやらかしっぷりは

挙げればキリがないけど

一番やらかしたのは帰り道で乗らなくていいタクシーに乗って3000円近く余計に出費したことか。

これだけやらかしてて無事に帰宅できただけで良しとするか。


脳の動作がいつも以上に不安定なのは

季節的な問題と心理的な問題の2つが原因にあることは明らかなんですが

処方箋としては心の器を広げる、しかない。


昨日何が一番楽しかったかというと

飲み会の席での「落合の打撃理論」についてタネコとの熱い談義。

やはりヒッチは必要なんだな。


T居さんとS本におかれましては私の仕事の協力をして頂き感謝です。

さっそく明日上司に提出します。


完全に追いコンについて触れずに一回保存してしまった。

まあ触れるような内容といえばS本が空気読まずに優勝したことぐらいですが

それとは別に

卒業して丸5年も経って来ると誰が追い出し対象なのか分からん。

というか、院卒と学卒が混ざってるだけでも分かりにくいに

さらに留年が混ざったり2留が弾かれたりしてもう何が何だか。

しかも私と在籍年で重なってないからね。


帰りの京王線内でのT居さん、K田先生との会話のまとめ

・はきだめOnlineの再構築
・クイ研語録の復元
・OB会の再度新設の必要性
  1. 2014/03/30(日) 21:55:00|
  2. クイズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

新宿

追いコンに行く途中。

新宿で京王線に乗ろうとしたときに

入れ違いで降りてきた美人が

堀江由衣似だった。

本人だった可能性が微レ存。
  1. 2014/03/29(土) 11:40:46|
  2. 堀江由衣|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

時事ネタとか

堀江由衣の天使のたまご内のコーナー

『灰かぶり猫の仮面歌謡会』

堀江由衣の曲の替え歌を紹介するコーナー。

新曲で考えてみようかな


『The World's End』の替え歌で『The World's End』

♪あぁ ユメの中で 逢えたら 言えるかな…♪

敢えて歌いだしは原文で行ける、と思ったところで

絶対に採用されない自信しか無かったので考えるのやめた。


『半永久的に愛してよ』の替え歌で『馬英九敵に回しても』

♪違うよ そうじゃないってば… まだ あなたは わかってない…♪

敢えて歌いだしは原文で行ける、と思ったところで

絶対に採用されない自信しか無かったので考えるのやめた。
  1. 2014/03/27(木) 22:22:21|
  2. 堀江由衣|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

里海

先日NHKスペシャルを見たらテーマが

「里海」

だった。

里山ならぬ里海。

DASH海岸的なことをもっと大規模に学術的に国際的に取り上げた感じ。

瀬戸内海でアマモを海中の牧草として人工的に栽培しようとすると

海水の透明度が低いので日光が海底に届かず育たない。

ので、ホタテの貝殻を利用した牡蠣棚を作って

牡蠣を養殖すると同時に牡蠣に栄養塩を食わせて水質を浄化しようとする試み。

まあよくありがちな手法だな、と思ってみていたけど

海外の海洋汚染等水質環境を改善についてのスタンダードは

それ以上の人の手を入れない、自然に放置する、ということらしく

日本のsatoumiの話は新鮮な話だったらしい。


水質改善技術という点では日本は結構トップランナーなのかも知れない。


先日浦賀水道で貨物船が衝突・沈没した影響で

剣崎の磯場にオイルボールが点々としていたのは確認していましたが

よくよくネットを調べてみると内房の被害は結構甚大なようで

特に重油漂着の直撃を受けたのは金谷周辺とのことですが

ちょうどクロダイの乗っ込みの知らせが聞こえてきたばっかりだったのに…

これがどれほどの範囲に及んでいるのかわかりませんが

単純に除去、だけでどうにかなるのか…

ナホトカ号の教訓って生かされてるのかなぁ?

どうしてもエクソンバルディーズの悪夢が脳裏を過ぎる。
  1. 2014/03/27(木) 00:05:18|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

剣崎

21日金曜日は会社の先輩・H口さんと釣り。

行き先は剣崎。

時系列がうろ覚え。眠い。

確か8時前に現地到着した…はず。

波がくっそ高い。

当初予定していた釣り座に入ると死ぬのでかなり手前の波が這い上がってこない場所に荷物を置いてベースキャンプとする。

コマセはオキアミ3kg+チヌパワーDASH1袋+ムギパワーチヌ1袋。

波静かなワンドに釣り座を構えてコマセを打つも何も見えない。

今回初登場のパワーピトンを試しに岩のヒビに打ち込む。

抜けない。

焦って引っこ抜こうとして軽く腰を痛める。

ワンドで竿を出すも反応は皆無。

潮が引いてきた10時頃に当初予定していた先端の磯に入る。

何もなし。

先輩が波の表側に移動。

臥「波に気をつけてください」

しばらくして後ろを振り返るとちょうど先輩が与太波を食らってるところだった。

一瞬118番の必要性を考えたが幸い先輩自体は流されずに済むもバッカンは流された模様。

私の親のバッカンと私の予備のヒシャクを貸すとして、コマセが無い。

私の半分を別けようと提案したが先輩が買いに行くとのこと。

その間で昼飯+釣り場写真でも撮る。

特に何も釣れず。

先輩がコマセを作り直すときに言われて気が付いたが

磯に転々と黒い油の塊が落ちてる。

誰かが撒いた、というより、空から降ってきたような広範囲に点在しているこの油は何だろう。

午後、北風が強まると雨が降ってきた。

竿を垂直に立てると竿を持つ手に静電気がバチッっと。

バチバチバチバチバチバチ

アカン(アカン)

雲と大地の間の電位差がかなり大きくなってるのを体感。死ぬ。

急いで竿を置いて荷物をまとめる。

雨風は多少収まりつつあるも南からのウネリが酷いので移動。


栗谷浜漁港。

コマセを捨てるためにちょっとだけ釣りをするような感じ。


今回の釣果

H口さん:クジメ×2
臥龍:なし



前回の城ヶ島潮見もそうだけど

房総半島と違って足下から水深があって釣りやすいイメージだが

魚が全く見えない。

ロケーションだけって感触。

次回先輩と釣行するときは房総に行くことにしよう。


帰宅後

臥龍「釣り場に黒い油の塊がいっぱい点々としてた」
父「ああ、船が座礁したからだろ?」

臥龍「はっ?(疑問)(困惑)(威圧)」


パナマ船籍の船が韓国船籍の船に土手っ腹突っ込まれて沈没したってニュースは見てた。

浦賀水道だったのか。

今回の釣行はどこに行っても釣れる気しなかった。

正解なしってことで。

追記

臥龍「H口さん何気に竿1.7号じゃないですか」
H口さん「君の2号のTOURNAMENTを散々ネタにしてきたけど実は道糸3号にハリス3.5号なんだ」
臥龍「何を釣る気なんですか?」

追記2

剣崎から離脱するときコスプレ集団と出会った。

カメラマンが一人いたので海岸で撮影会でもやるらしい。

アレが「凪のあすから」のコスプレだったこに思い至るまで10秒かかった。

制服以外だと青髪斜めポニテ以外特徴の無いコスプレだったんだから仕方ない。 [剣崎]の続きを読む
  1. 2014/03/23(日) 15:19:00|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モヤモヤさまぁ~ず2 錦糸町&亀戸

先週はずっと体調不安定。今日に至るまで。

明日からの仕事に支障がでないか超不安。

それでも金曜日錦糸町から水元までチャランボを買って帰ってきた。

TOURNAMENTを磯に直置きする訳には行かないので。


モヤさまが錦糸町&亀戸でロケをやったらしいことは

ロケ日の翌日知りました。

あの日は確か江東区大島で仕事終わりで錦糸町キャスティングに寄って帰った気がする。

まあ今日のO.A.を見る限り、ロケを目撃することは無かったっぽい。

ロケ地は全然行動範囲内だったけど、時間的にそこを通ることはありえなかった。


しかし仕事で行ったことのある場所がテレビで映るとテンション上がるね。

特に観光名所でもないただの商店だったりすると特に。

前職場は3年間在籍していましたが、はっきり言って1秒たりとも楽しいと思ったことは無いんですが

そのときに携わった仕事の現場がまさに取り上げられると、ちょっとはあの仕事してて良かったかななんて

完全に喉元過ぎれば何とやらって感じですが。

逆に言えば今日まで昇華されていないっていうね。


モヤさまで取り上げられた店ってO.A.後は繁盛するとか聞きますが

あの辺もファンが殺到するんですかね?

ロッテリアの隣なんて毎日通り過ぎてますがまだ入ったこと無いな。

今度行って見るか…ちょっと高いんだよな。
  1. 2014/03/16(日) 23:03:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PEウキフカセ

やり方を完全に間違えた。

以前に磯・投げ情報で読んだ村越正海の磯マダイ用タックルは

プレッサドライ・デアイアルを使っていたので

同じく磯・投げ情報のオモシロ竿インプレで紹介されていたBφRDERLESSでもできんじゃないか

と思ってやったんですが

心配した点としては

PEは組糸のためナイロンに比べて張りが無い。

だから糸絡みが多発するため普通投げ竿やルアーロッドではKガイドロッドを使うんですが

磯竿でKガイドなんて無いのでインナーガイドを使う必要があるんですね。

そのためのプレッサドライだったんでしょう。

で、BφRDERLESSって磯竿用の糸絡みの少ないIMガイドを搭載してるんですが

私が購入したBφRDERLESS BBって廉価版のためIMガイドではなく普通のSiCガイドなので

竿への糸絡みを非常に心配したんですが、結果的には杞憂でした。

糸が絡むのはどちらかといえばウキ周辺ですね。

特に水中ウキとウキの2つの質量が複雑な動きをすると簡単に絡みます。

今回使用したPEラインは組糸でありながらナイロンラインのような質感を出すために特殊コーティングによりモノフィラメント化してるんですが、それでも絡むことは絡みますね。

というか、村越さんの仕掛けをよく見るとリーダーを12mも取ってるので

ウキ止め以下本質的な仕掛けは全てリーダーに組まれてるんですね。

真似しようとしたときに問題になるのはPEとリーダーの結節方法なんですが

FGノットとかSFノットといったいわゆる摩擦系の編み込みって釣り場で組もうとすると多分30分かかっても無理。

簡単に結ぼうとしたらトリプルエイトノットとか電車結びになるんでしょうけど極端に結節強度が弱くなる気がして忌避。

無理なんですよね。

まあ、そもそも今回ハリスとの結節にはヨリモドシを介しているので同じといえば同じ気がしないでもない。

違いといえば瞬間的な衝撃によるPE破断は磯竿チックなBφRDERLESSの弾力でカバーできるとして

大物との力比べになったときに細いPEがリーダーに食い込んでブレイクするのが怖いってことですね。

いろいろと言い訳をしながらPEを道糸にウキフカセをやってみましたが

最大の問題は実はウキ止めだったりします。

ウキ止めを移動させるとPEがケバケバになる。

よくナイロンラインやフロロカーボンラインに「耐摩耗性」についての表示がありますが

PEに関しては耐摩耗性とか無いですからね。

一回釣行したらウキ止め位置までは切り捨てないとダメ。

まあ1回やりゃ満足ですけどね。

あとは全遊動とか全層釣法とか…
  1. 2014/03/09(日) 23:07:08|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トンビに○○○○○をさらわれる

2月中は週末に狙い澄ましたように雪が降ったため1ヶ月以上も釣りに行けていない。

という訳でそろそろ禁断症状が出てくるので釣りへ。


前日にTOURNAMENTの替スプールを購入しましたが

どの道ロッドの方のTOURNAMENTが寒くて使えないのでロッド&リールとも家で留守番させました。


当初はサヨリ狙いでの釣行を計画していましたが

結局群れが寄ってないと何も無く終わってしまう博打になってしまうので

サヨリ&アジ&メジナ&クロダイの4本立ての保険を掛けて釣行。

コマセはオキアミ3kg+チヌパワーDASH+チヌ戦。

直前の行と言ってることが矛盾してますがそういう人間なんです。

一応アミブロック2kgも用意。


目指す釣り場は少し前から気になっていた豊浜港。

満潮が8時過ぎだったので5時出発。8時直前ぐらいに豊浜港到着。

風が向かい風でやや強い。人は新官港と合わせても全体で3人程度しか確認できない。

人がいないってことは釣れて無いんだろうな…と思いつつ偵察。

堤防にデカデカと「まき餌禁止」の文字。

基本的に釣り人の間での暗黙の了解として「まき餌禁止」とか「コマセ禁止」といえば

オキアミおよび配合餌のことを指すのでアミコマセぐらいならOKなんですが

家で既に解凍してきてしまったオキアミを持っているので断念。


川津港を覗く。

豊浜よりさらに強い言葉「まき餌は海を殺します」という看板。

ちょっと言いすぎだと思いつつ撤退。


吉尾港。

ひっそりとした小場所。

釣り座は左側の堤防の先端のみ。釣り人はいない。

が、入釣が少々面倒なので写真だけ撮って転向。


守谷港。

波が静かなここもひっそりとした場所。

夏場ならおもしろそう。


興津中堤。

釣り人3名。サヨリ狙い。

釣れている様子は無い。


興津西港。

堤防先端でカゴ釣りをしている人が数名。豆アジのみ。

験潮場の先でウキフカセをしている人も釣れている様子は無い。

港の奥でハリセンボン発見。


浜行川港。

赤灯堤防先端はカゴ釣り師がいっぱい。

港の内側はダンゴ釣り師が数名。

堤防付け根から最初の角に釣り座を構えて釣り開始。


仕掛けを準備している最中にお昼のチャイムが鳴り響く。


堤防近辺は浅い岩礁帯。

1箇所沖へ向かって溝があるがそこは親が釣り座を構えたのでその両サイドを移動しながら岩礁帯の先を狙う。

BφRDERLESS BB & EXSENCE BBのデビュー戦。

PEラインでウキフカセって以前から一度やってみたかった釣法。

軽く振っただけで仕掛けがすげー飛ぶ。岩礁帯の遙か先に着水。

コマセが全く届かない。

たまーに岩礁帯の切れ目辺りに着水するものの、ほとんど根の上にコマセを打ってる状態。


クサフグ×2。

親も似たような状況。


周辺ではカゴ釣りで20cmぐらいのアジがポツポツ釣れているような状況。

まねしてカゴ仕掛けに変えてみるもさすがのBφRDERLESSでも負荷が重すぎて飛ばない。

どうにか岩礁帯の少し先まで飛ばせるものの、ポイントは3色ぐらい先のようだ。無理。


13時半ぐらいに昼飯。

コンビニで買ったパンを食べていたら親が手に持っていたカレーパンがトンビに攫われる。


仕掛けをウキフカセに戻す。

潮は小潮とは思えないほど右へ右へと強烈に流れていくものの

風は強烈に右から吹いてくる。

道糸がPE1.5号とは言え風の抵抗を受けて仕掛けが手前へと引っ張られる。

風の影響を避けようと道糸を水面に付けると海面から顔を出しそうな岩礁帯に引っ掛ける。

打つ手なし。


親が攻めても攻めてもフグしか釣れない溝に交代で入釣。

しばらくしてカサゴっぽい魚をキャッチ&リリース。

夕方22cmぐらいのアジ2匹を追釣。

午後6時納竿。


今回の釣果

マアジ×2(約22cm)
カサゴ?×1(約20cm)
クサフグ×3



帰り道、山道脇でキョンを発見。

南房総で大繁殖して問題化してるらしいって本当だったんすね。


今回の釣行は外房の漁港偵察が主目的だから(震え声)

漁港について左を見ても、右を見ても、どこの漁港でも同じ景色に見える。

そして頭の中で水樹奈々の『LOVE & HISTORY』が流れる。 [トンビに○○○○○をさらわれる]の続きを読む
  1. 2014/03/09(日) 19:27:59|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

姫イド隊

昨日のアニスパ。

キタエリのアルバム発売延期に伴うゲスト出演ドタキャン&浅野さんの喉故障により

助っ人として償還された新人声優?ユニット。

すごい。

このたった1回の放送でファンを増産したと思う。

特にまこちゃんだけインパクトが強すぎ。
  1. 2014/03/09(日) 18:44:59|
  2. ラジオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロッドケース問題

持ってる釣竿なんでもかんでもは釣り場に持っていけないので

どれを持っていくか、ターゲットによって選抜しないといけないんですが

もう分からなくなってきた。

主力級を列挙してみる。


磯竿
TOURNAMENT ISO T2-52SMT
BB-X LARISSA T1.5 48-53 NZ
TWINPOWER XT T1.2 47-53 SI-Z
BφRDERLESS BB 495M-T

ルアーロッド
LABRAX 100M・F
LUREMATIC S70UL
HYPER SPIN SP-60

投げ竿
LIBERTY CLUB SURF T25-450
Dsmarts 663XUL-S

玉網
Progrand磯玉網 60-60


LABRAXが10フィートあるのに2ピースなので磯竿用のロッドケースに入らない。

ルアーロッド用のケースは細身なので玉枠(直径60cm)が入らない。

故に常にルアーロッドの主力は留守番になりがち。


磯竿のラインナップだけ層が厚い。

TWINPOWERは2000年代前半に流行ったインナーガイドロッドですが

1日使ってるとラインの出が極端に悪くなるため今はめっきり見かけなくなりましたね。

穂先への絡みが少ないので夜釣りには重宝するんですが、そもそも夜釣りほとんどしまんせからねぇ。

現在ではよっぽど風が強いか、先発がトラブルで折れたとき用の控え的存在。

LARISSAとBφRDERLESSの差別化ができない。

BφRDERLESSの方が若干短いかと思えばLARISSAはαZOOM搭載なので実はLARISSAの方がショートレンジを攻めやすい。

番手もどちらも1.5号相当なので…BφRDERLESSをウキフカセ以外の用途で使うか。


投げ竿のラインナップが脆弱。

というか、チョイ投げ用のDsmartsがやや本気投げ用のLIBERTY CLUB SURFの約3倍の値段するあたり主眼がよくわからなくなってる。


ルアーロッドは…そもそも出番が少なすぎ。

LUREMATICは購入して3年近く経つのに未だ4~5回ぐらいしか使ってない。

もうちょっとアジング的な釣りをやってみようか。

そういう点では先日の江見なんかは絶好の使い時だったんですけどね~なんでTOURNAMENTでアジ釣ってるんですかね~?


使いこなすためにも釣りに行く回数を増やさなきゃ(使命感)
  1. 2014/03/02(日) 22:03:38|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジェフグルメカード

もう何年前になるんだろうか。

川崎の方のクイズサークルに参加した際に

クイズっぽい大喜利で優勝した時の賞品をついに今日使った。

何か特別なことがあった訳ではなく

あ、ここジェフグルメカード使えるじゃん。

って感じで。
  1. 2014/03/02(日) 18:45:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ダルい

事前の天気予報により土曜日の釣りは延期が決定していたのですが

それ以前にダルくって何もできんかった。

8時起床。歯を磨く。二度寝。
9時半起床。朝食。三度寝。
13時半起床。昼食。四度寝。
19時起床。夕食。シャワーを浴びる。ラジオを聴きながら就寝。

まず朝起きたときから両肩に何かがのしかかってくるような重さを感じる。

誰かの呪いでも受けたか?と思うぐらい。

一応呂律が回ること、皮膚の感触が変わらないこと、目を閉じて両腕を前に伸ばして水平を維持できることなどを確認。

とりあえず救急車を呼ぶほどではなさそう。

ただ一発目の脳梗塞起こしたときと感覚が酷似しているので不安。

月曜病院行ってくるかなぁ…有給ラス1。

しかも予約外だから朝一で行っても診察は夕方になりそうな。
  1. 2014/03/02(日) 12:20:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0