臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

ベスト オブ トイレ

海老名SA(上り)
スポンサーサイト
  1. 2014/09/11(木) 00:43:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伊豆半島でトイレをめぐる戦い

遅まきながら9月6日(土)から夏休みに入ってます。

10連休。


当初の予定では八丈島に行くとか行かないとか予定したりしなかったりしていたんですが

いろいろあって年末or年始または2月ぐらいに延期。


代わりと言っては何ですが

両親連れて伊豆に行ってきました。

元々病気する前は年1回ぐらいのペースで両親を旅行に連れて行っていたのですが

ようやく母も私も病状が落ち着いて来たので久しぶりに。

ちなみに父は頑丈です。


社会人になってから3回ほど両親を連れて行った旅行先は

1回目:河津
2回目:戸田
3回目:熱海

と伊豆方面ばっかり。

それまでが専ら房総ばっかりだったんでね。

車で行ける近場で海釣りが出来る場所で房総とちょっと雰囲気違う場所というとどうしても静岡方面になってしまいます。


で、今回も伊豆方面。

1日目:下田
2日目:伊東
3日目:熱海

の3泊4日。


何となく予感していたけど

台風がズバっと命中したタイミングでしたね。

八丈島に行ってたら結構悲惨だったかも。


9月7日(日)

ガキの頃から魚類に限らず水棲生物に興味があった臥龍さんは

NHK教育テレビで見た柿田川の清流に憧れていたので

ちょっと寄り道して柿田川湧水公園へ。

まあ当然なんだけど、保護区域みたいに管理されてて、あまり自由に立ち入れないのね。

モヤってて良くわからん。


行きは沼津・三島方面から行ったので必然的に天城越え。

石川さゆり的に言えば「はまぎごえ」

浄蓮の滝初めて見た。

近くに渓流のミニ管釣りがあるのね。

うじゃうじゃ魚がいてちょっと引くわ。

あれ釣って楽しいか?って気がしないでもない。

でも、まあ、釣りやったことない人がちょっと遊んで美味しい焼き魚が食べられるなら良いのか。


台風が太平洋沖を東へ進む中

北寄りの風が秋の空気を運ぶというか、暴風で釣りが出来る場所が限られる。

当初福浦堤防あたりで竿を出す予定でしたが、急遽風が避けられそうな下田浄水センター脇へ釣り場変更。


まあ本番は明日以降だし、初日は移動がメインだからちょちょいと遊ぶ程度で。

ってことでチョイ投げ開始。

以下釣れたものを列挙
シロギス×2
オオモンハタ?のこども×1
ヒイラギ×8
ササノハベラ×1
ニシキベラ×1

他には父が
アイゴ×1
クチブト×1

母は
ハコフグ×1
ネンブツダイ×1

場合によっては、と思って一応現地食いの用意もしていたんですが

やるほどでもないということで全てリリース。


宿泊は下田海浜ホテル。

3人で宿泊するのにアホみたいに広い部屋。

15畳+6畳+通路的なスペース(5畳)

宿泊プランとしては安かったバイキングコース。

宿泊客は自分で好きなものを選んで食べれるし、ホテル側は残飯が発生しづらいということで

ビジネス的にもエコ的にも理にかなったプランだと思います。

何食ったか覚えてないが。


9月8日(月)

下田で釣りをしてから移動 or 伊東へ移動してから釣り

風向きを考えると伊東は厳しそう。

という訳で引き続き下田。

前日に引き続き風が強いので風裏になるところで…ってところで下田海中水族館裏の磯場にたどり着く。

前日はチョイ投げ一辺倒だったのでこの日はちょいとルアーを投げてみる。

時折水面にナブラが立つので期待を込めて竿を振っていましたが

ナブラの下にいるのがボラってことが分かってきたのでコマセ作り開始。

ウキフカセをするとまもなくニシキベラ、ササノハベラがお出迎え。

父はアイゴ祭り。

この日は雨が降ったり止んだり降ったり降ったり

気がついたら顔が熱い。

足元のフワフワ感。

完全に風邪の症状が出たので納竿。

2日目の釣果
臥龍
ニシキベラ×1
ササノハベラ×1
キタマクラ×1
サバ×1


ササノハベラ×2?
サバ×1
アイゴ×5ぐらい


何やこれ…


2日目の宿は伊東園ホテル。

前日に続き伊東園系列。

下田海浜ホテルが角部屋のアホみたいに広い部屋だったせいで狭く感じる。

実際には16畳あるので3人で泊まるには十分広いんですが。

飯はこちらもバイキング。生の魚介類が多かったイメージ。

この晩から水様の下痢がスタート。

トイレ篭城戦。


9月9日(水)

朝食はおかゆしか喉を通らない。

ニュースを見るとデング熱感染拡大の話題。

まさか…と思ったが水疱瘡的な疱疹はできてないのできっと違う、と思う。

とりあえずチェックアウト時に近所のドラッグストアの場所を聞く。

フロントのお姉さんがニコニコ笑顔で教えてくれたけど何か勘違いしてます?

正露丸と解熱剤を購入。


一度川奈へ戻って釣り場探索。

かの有名ないるか浜海浜公園に到着。

釣り場的にカゴ釣場だなぁ、って感じ。実際やってる人たちもみんなカゴ仕掛け。

北風だと真正面からの風になるので辛そう。

ただ抜群に潮が通す場所なので青物シーズンは面白そう。

堤防内側の玉砂利が敷かれた浜でチョイ投げで遊んでみる。

ヒメジのこども×1

以上。

伊東港へ戻る。

イルカショーをタダ見。

イルカというか、調教師のお姉さんが可愛かった。

宇佐美港。

特になし。

網代港。

特になし。

熱海港に到着。

視察してたらもうチェックインの時間だった。


ちなみにこの間毎時1回はトイレに篭城。

結局正露丸を1日3回1回4錠を服用したが全く効果無かった。

いつもはどんなに腹が痛くても正露丸飲んで1晩寝れば治るんだけどなぁ。


この日の宿は以前にも泊まった大野屋。

3泊全て伊東園グループ。

別に株主とかではないです。

前回泊まったときは事件だが事故だかがあって警察がKeep Outしたためローマ風呂に入れなかったので

そのリベンジ。

とりあえず入った。

すごい。すごい広い。

まあ、体調的にはそれどころではなかったんですが。


9月10日(水)

チェックアウト時にフロントで近くの病院の場所を教えてもらう。

国際医療福祉大学熱海病院。

着いてビックリ。

アカオとかと同じような海っ辺りの立地。

廊下の窓が一面オーシャンビュー。

入院患者的には良い環境だなーっと思ったけど、海が廊下側なのはたぶん意図的なんだろうな。

とりあえず診察券を作ってもらったけど、4時間待ちと聴いて診察を受けずに離脱。


平日の真鶴道路はびっくりするぐらい空いてますね。

東名も首都高もあっという間で帰宅。

すぐさま診察券を持って三郷の病院へ。


下痢腹痛頭痛眼痛発熱

医者「たぶん胃腸炎でしょう。整腸剤出しときますね」


9月11日(木)

ドラマ「JIN」を見ていた時に赤痢の対処はひたすら水分摂取して脱水を防ぎつつ

下痢をとにかく出し切る。

経口補水液買ってきたほうがいいのかな?

0時現在、まだまだ腹は痛い。


親孝行するなら夫婦水入らずで旅行に行ってもらった方が良いのでは?
親孝行するなら早く孫の顔を見せてあげれば?
という方がいらっしゃるかもしれませんが

それは両親が年1・2回ぐらいのペースで勝手に行くので良いのです。
そんな簡単に物事が運ぶならこんなに性格がひねくれていないのです。 [伊豆半島でトイレをめぐる戦い]の続きを読む
  1. 2014/09/11(木) 00:22:51|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0