FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

八丈島への道④

H口さんが飛行機のチケットを予約してくれたので

行くことは確定しました。


日程は2月20日から2泊3日。


仕事の合間に八丈島の話をしていたら

以前八丈島に勤めていた経験がある先輩N口さんが

「どうせ八丈行くなら小島に行けよ。」

と。

どうやら半島回りの一級磯に行くのと違い、比較的簡単に行くことはできるそうな。

まあ乗る磯にも依るんでしょうけど。


今月号の磯・投げ情報によれば

内房で47cmのメジナを釣ったとか記事になってる。

八丈まで行くなら50cmが最低ラインか。

まあ場所的には十分いるだろうし

道具的にも全然獲れるぐらいのスペックで臨みますが

圧倒的に不足しているのは

腕、ですかね。
スポンサーサイト



  1. 2015/01/05(月) 22:41:53|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナントカ革命

ネプリーグを見ていたら伊勢ケ浜部屋チームとして

伊勢ケ浜親方、日馬富士、安美錦、誉富士、宝富士

の5人が出てた。

伊勢ケ浜親方って元旭富士なんですね。

クイズでは稀に聞く名前ですが伊勢ケ浜親方と紐づけができてなかった。

というか、よく相撲を見ていると土俵下にものすごく人相の悪い審判がいるな

と思っていたら、ソレが伊勢ケ浜親方だった。


仕事初めです。

おなかが痛いです。

今日1日で体重計の数字に見えるぐらいには

体重が軽くなったような気がします。

会社に着くなりおなかが痛くなるのはデフォですが。

これは今現在の心理的な問題が体調に表出したというよりは

入社1~3年目ぐらいで徹底的に叩き込まれた仕事に対するネガティブなイメージによって引き起こされる腹痛が

幾度となく繰り返されることによる一種の条件反射によるものと思われます。

仕事も会社も大嫌いなのは現在も、ですが。


そんなこんなで仕事中に7回も個室便所に立て籠もるという給料泥棒っぷり。

うち1回は始業前ですが。


便座に座ってiPhoneで2ちゃんまとめなんかを見ていると

「精神外科」

の話題を発見。

ロボトミーについて詳しく知りたい方は勝手に検索してください。


鬱や精神疾患の治療としてこんなことが1970年台まで行われていたことにも驚きますが

脳みそなんてちょっとでも傷つけたら命に関わるんじゃないかというイメージがあるので

こんなことしても生きてる人もいるんだ、という事実に驚き。

まあ知ってますけど。


脳腫瘍を診断されたとき、脳室にある腫瘍をどうやって摘出するんだろう?

と思って先生に聞いたら

前頭葉に切れ込みを入れて筒状の器具を差し込んで、その筒の中を通して摘出する

とのこと。

前頭葉に切れ込みを入れるって聞いてビビった記憶がある。

その記憶も本当にそのとき思ったものなのか、術後に紛れ込んだ偽記憶なのか判断できませんが。


術前術後のMRI画像を見比べると

術前の腫瘍の影が術後は綺麗になくなった代わりに

前頭葉にサンアンドレアス断層の航空写真みたいな線が1本見えるので

ああ、ここを通して摘出したんだな

と、わかります。


実体験から

「前頭葉に傷がついたところでそう簡単には死なないよ」

とは思わないんですね。

どちらかというと

「よく今私生きてるな」

って思いますね。

シックスセンスとかゾワっとします。


臺弘って去年100歳で死んでるんですね。

wikipediaによると代々木派だったとか。

何革命なんでしょうか。

って書き方をするとまた違った意味を持ちそうだな。
  1. 2015/01/05(月) 22:31:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0