臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

上坂すみれのヤバい○○

ヤバい。

上坂すみれヤバい。

マジでヤバい。

まず距離が近い。

近いなんてもんじゃない。もう恋人同士で乳繰り合うぐらいの距離感。

そのままいのすけが襲われちゃうんじゃないかってぐらい近い。


宇宙ヤバイのコピペっぽく書くのも早々に疲れたので普通に書きます。

上坂すみれヤバい。マジヤバイ。


ヤバいの概念を変える

というキャッチフレーズが掲げられていますが

ここ10年ちょっとぐらいですかね?

凄く美味しいものを食べた時に「ヤバイ」しか言えなくなる感情的知能障害はガルパンはいいぞの先駆的現象だったかもしれませんが

今回の上坂すみれの「ヤバい」はむしろ元々の意味での「やばい」に当たるんじゃ無いだろうか?

と思ったんですね。

最初は。


元々の意味での「やばい」の元々の意味って何だろうとも思いますが

いくつかある「やばい」中でも

「あー、あの人はヤバい人だわ」

みたいに使われる場合のヤバさを軸に

いくつかの意味の「ヤバい」を内包した

いわば上坂すみれの「ヤバさ」を垣間見た。


特に眼鏡の奥に光る目

番組収録中にいのすけの服を脱がしに掛かるとき

獲物をロックオンした不審者の目でしたな。

上坂すみれヤバい。マジヤバい(褒め言葉
スポンサーサイト
  1. 2017/04/09(日) 15:25:47|
  2. アニメ&ゲーム&声優|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

月は自転しない(文学的表現)

テレビ番組観てると間違ったこと言ってるな、と思うことは結構頻繁にあるんですが

その度にメディアリテラシーについていろいろ言いたくなります。



今回のはメディアリテラシーとか科学リテラシーとかそういう問題では無い気がする。

制作体制とかチェック体制の問題でも無くて

教育って何や?という話とも少しズレてて

アホが情報を発信できるようになった社会

ここが怖いなぁ、と。

受け取る側の問題ならメディアリテラシーなんだろ、うけど

それだけじゃ片付けられない怖さを感じる。

ハチミツ離乳食とか。


知ってる人間からしたら

何をバカな

と無視されるような嘘やデマも

よく分かってない人間が発信して知らない人間が受け取るので

時にトンデモナイことが起こってしまうこともあるんだろうなぁ、と。


ちなみにこのブログは虚構と幻想が浸潤して境界が筆者自身分からなくなってるので話2分ぐらいで聞いてください。


月の運動で不思議なことと言えば

潮の満ち引き

が月と太陽と地球の位置関係に由来するというのは

常識と思っていたら日本人の3割しか知らないとかいう衝撃的な話がしばらく前にハナタカなんちゃらで紹介されていましたが

釣り人にとっては常識と思われる知識が一般的には常識ではなかったりふるんですね。


潮干狩りのシーズンは凡そゴールデンウィーク前後

というのは何となく世間一般に浸透している感覚だと勝手に思ってますが

別にアサリは一年中いるしクロダイみたいに産卵のために深場から浅瀬に移動する訳でもなし

何故この時期なのか

という疑問について。


以前は

ちょうど気温が上がって来て、少し遅れて水温が上がるので

GWぐらいの時期が水温的に丁度いい感じになるからかな、と思っていたんですが

だったら夏の海水浴シーズンでもできるじゃん?

GWに乱獲されて目ぼしい大きさのアサリが駆逐されてしまったからできないのか?

でもアサリも成長するのにそれなりの年月掛かるハズで一年草みたいに毎年当歳の貝がそんなに大きくなる訳じゃないし

何で?

と思っていたんですが


潮干狩りに適した条件というのは勿論水温もありますがそれ以上にレジャーとしての重要な要素は潮の満ち引きなんですね。


大潮の干潮がちょうど昼前後に来るのは毎年決まってGW周辺の時期だから


潮干狩りは潮が引いたタイミングで無いと出来ない訳ですが

中でも大きく潮が低く大潮の干潮が一番潮干狩りが出来る時間が長いんですね。

だから別にGW以外の時期でも朝や夕方であれば潮干狩りはできるし

肩まで水に浸かってマンガと呼ばれる道具を使えば潮が引いてないところでもアサリは取れる訳です。

尤もマンガを使った貝類の採捕は漁業権を持ってる漁師しか許可されてないハズですが。


私が数年前まで知らなかったのは

毎年GWぐらいの時期はお昼近くに大潮の干潮が重なるってこと。


月の運動が

一回公転する間に一回自転する

だから月は常に地球に同じ側を見せている

というのは非常に不思議な感じもしますし

だから月は巨大な宇宙船で裏側を地球に見せないようにしている、とか

月の裏側を念写した、とか

オカルティックな話も出てくる訳ですが


大潮、中潮、小潮、長潮、若潮

月と太陽と地球の位置関係によってこれらの潮の満ち引きの大きさが関係してくる訳ですが

毎年決まった時期に同じ時間帯で同じ位置関係って

月が常に地球に同じ側を見せている

ってこと以上に不思議だと思うんですが

これはあまり知られていないように思う。


というか月が常に地球に同じ側を見せている

というのは義務教育で習いますけどね。


あ、

太陽と月と地球が毎年決まった時期に同じ位置関係にある

ことについても

マジかよ!?

と思った方は

自分で調べて確認されることをオススメします。

何せ分かってない人間が書いてますからね、このブログ。


後から読み返すことってほとんど無いんですが

ちょいちょい間違ってますからね。
  1. 2017/04/09(日) 14:39:29|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【K原T文34歳記念】第5回釣りクイズ【大惨事】

大会結果
優勝1:タネコ(不参加)
優勝2:T居さん(不参加)
着外:城島ロリー(ボウズ)
着外:S本(ボウズ)
着外:大沢(ボウズ)
戦犯:臥龍(ボウズ)


釣りクイズはクイズというより釣りなので

この事態は毎回懸念はしていましたが

とうとう5回目にして起きてしまいました。


川越のGGさんとご一緒釣行するようになってから数回若洲には釣りに来ていましたが

毎回何だかんだまあまあ釣っていたので雑魚でも何かしら釣れるだろうとタカをくくっていましたが

自然相手の遊びはそうそう上手く行くわけではないんですね。

知ってたハズなんだけどなぁ…


という訳で昨日は若洲で釣りクイズをやった訳ですが

まさか第1問の解答権を誰も取れないまま企画がお開きになるとはね…

世の中にはいろんなクイズ大会があると思いますがこんな事態って聞いた事ないですね。

私が寡聞にして知らないだけかもしれませんが。


11時半開始。

今回は物置から発掘した古い磯竿が人数分用意できたので

全員ウキフカセをしてもらいました。

但しコマセにオキアミや配合餌を使うのが憚られたので

サビキ釣りで使うアミエビのみをコマセとして使用。


アミエビ3.75kg

毎度のごとく餌島で購入しましたが

普段あまりアミエビを購入する機会が少ないので知らなかったんですが

3.75kgなんてデカいブロックがあるんですね。

ちなみに3.75kgとか中途半端に思える量で販売されているのは

釣り業界は未だに尺貫法が生きてる世界なので

1貫に相当する重さが3.75kgなんですね。


オキアミだと3kgブロックで販売されてますけどね。


アミエビをコマセに使う場合、普通ならコマセカゴに詰めて

サビキ仕掛けと一緒に海中でシャクって使用する訳ですが

今回はサビキの用意はしましたが

あくまでフカセに拘ってやってもらいました。

アミエビはヒシャクで撒く以外に

凍ったままのブロックをビニール袋から取り出してスカリに入れてそのまま海中に打ち込むことによって

アミエビが溶けたそばからスカリの網の目を抜けて海中に拡散して魚を寄せるという自動コマセ撒きを初めて実践しましたが

案外スカリの網の目が細かかったせいか

時々スカリを揺すってあげないとスカリの底にアミエビが溜まって拡散しないという欠陥が発覚。

もうちょっと目の広いスカリもあるにはありますが使いづらいのでそもそも持って来てませんでした。

まあ次回またやるかと問われれば微妙ですが。


釣りクイズ中は終始小雨が降ったり止んだりが繰り返して気力が奪われ

15時納竿。


言い訳として

周囲を見渡しても誰も魚が釣れている瞬間が見えなかったぐらい渋かったってこと。

帰り際バケツにマハぜではないハゼが1匹入ってるのを見かけましたがそれのみ。

ツイッターで若洲の情報を検索してもサメが釣れたぐらいの情報しか引っ掛からないし。


釣り場を引き上げた後は屋内施設で少し休みたいということで

無料で見学が出来るガスの科学館「がすてなーに」に寄って

見学に来てる小さい子供を連れた若いお母さんなど眺めたり

明らかな不審人物として職員のお姉さんからマークされたり


夕飯は門前仲町の

濃厚宗田つけめん 麺屋縁道

で大盛り。

見た目よりもボリュームがあって満腹。


最後は北砂のRound1でダーツ

人生初ダーツだったけど向いてないわ。


14問作って13問未使用になったので

第6回はすぐ開催できそう。

そもそも作問に時間掛かりませんが。


次回は6月ぐらいにできれば良いなぁ、と。


ちなみに今回唯一出題された問題はビジュアルクイズで

答えは

宮沢吾朗九段

でした。

さかなクン先生のお父さんですね。 [【K原T文34歳記念】第5回釣りクイズ【大惨事】]の続きを読む
  1. 2017/04/09(日) 14:03:18|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0