臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

風呂テスト

新しいウキを購入すると時々やること

湯船で浮力のテスト。


先日購入したウキと

以前から使っているウキ。

それぞれを右手と左手に持って湯船の中でそっと放してみると

マイナス浮力のウキに関してはゆっくりと沈んで行きます。

浮力によって沈むスピードが変わるので

新しいウキがどの既存のウキの浮力に相当するのか

把握するためにある程度の目安になります。


ある程度、というのは

実際に使う状況は、風呂でテストしたときとは同じ状況にはなり得ないから。

水温、塩分濃度が全く異なるので浮力が変わります。

さらに形状も異なるため潮の流れの影響も大きく関わります。


そんなことから、大凡の浮き易さ、沈み易さ、を測るためにテストしているんですが


もう2度と買わねーよと思ったキザクラのウキですが

なぜもう2度と買わねーよと思ったかというと

大知遠投60LL-0

コレの浮力がデタラメもいいとこで

0のウキなので淡水でも浮くのは当然なので風呂でテストしたときも

ちょっと浮き過ぎじゃね?

とは思ったものの

まあこんなもんか?

と一旦は納得して実際に現場で使ってみましたが


2Bのガン玉を3個背負ってプカプカ浮かんでたので

キザクラに怒りのクレームを入れてやろうという発想を一瞬で通り越して

もう2度とキザクラのウキは買わない

という結論に至ったのが経緯だったんですね。


久しぶりに買ったキザクラのウキ

i-style beppin 00

00ウキなので淡水で沈んで海水で浮く

という浮力設定になるはずですが果たして…


で、風呂でテストしてみました。

お、ちゃんと沈むやん!

試しに久しぶりに大知遠投もテストしてみたけど案の定プカプカ浮いてる…


釣研のウキと一緒にテストしてみると

エイジアマスターピース05よりは少し遅い沈み方。

今回新たに購入した剛黒沈めとほぼ同じスピードで沈むようで

私の普段の主力であるオペレートs03よりは少し速く沈む模様。


実戦で使うときはおそらく

体積の大きさから剛黒はもっとゆっくり沈むだろうし

オペレートは小さいのであまり沈むスピードは変わらないはず。

のでi-style beppin 00は剛黒より早く、オペレートs03より速く沈む…かなぁ。


大知遠投60LL-0の浮力があまりにもバカだったのでキザクラ自体の技術力にケチを付けてきましたが

たまたまハズレを引いてしまったのかなぁ…

今度は大知遠投の000とか購入してみようかな?

今の所釣研大征黒沈めの代替になりそうな最も安価なウキですからね。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/04(月) 23:08:24|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0