臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

カップラーメレ

今期3期目の活躍の超音波加湿器

衛生のため毎朝タンクと受け皿、フィルタは水を切って干してるんですが

部屋は寒いのに受け皿の水は妙に生温いんですよね。

何かな~と考えて思い当たったのは

以前プロレスラーが代わる代わる魔法瓶を振り続けて

中に入っている水をお湯に変えてカップラーメンを作る実験。

結果は約20℃の水が60℃弱まで温まったところでぬるいカップラーメンを作った

ってなものだった気がします。

機械的に与えた運動エネルギーの一部が熱エネルギーに変換される。

理屈では理解していても実際に体験すると違和感しかない。


どうでも良いけど

温いカップラーメン
温かいカップラーメン

で随分意味が違うんだなぁ、と。

今まで字面でパッと見「温い」を「温かい」と誤読していた場面があったかもしれない。


あと偶に

「温かい目で見守ってください」



「生温かい目で見守ってください」

などとワザとなのか良く分からない言葉を使う人がいますが

生温かい目って何ですかね?

何かいやらしい…
スポンサーサイト
  1. 2018/02/06(火) 22:26:22|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビジネスマナー

「お電話ありがとうございます」

という電話応対がいつまで経ってもできない臥龍です。

何故できないか?

「ありがとう」と思っていないからです。

まあソレを言ったら

「いつもお世話になっております」

を初めて応対する人に対して言っていることについては説明が付かないんですが。

いや、コレは人間誰しも自分が与り知らないところで色々な人の支えによって生活が成り立っていることを俯瞰的に考えれば

全く知らない人が相手でも、「いつもお世話になっている」と思えなくもないな。


職場の電話に掛かってくる電話なんてまず仕事の問い合わせでしょうから

やはり「ありがとうございます」とは思えませんね。


どうでもいいけど

「あずかりしらぬ」

って

「与り知らぬ」

って書くのね。


もっとどうでも良いことを書こうと思っていたのに

あまりにもどうでも良すぎて何書こうとしていたのか忘れた。
  1. 2018/02/06(火) 00:10:02|
  2. 学問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0