FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

だがちょっと待って欲しい

この言い回しって朝日の天声人語だったのか。

読んだこと無いわ。


だがちょっと待って欲しい

から延々と文章を繋ぐこともできるが

面倒臭さいのでやらない。


なんでこんな記事タイトルを付けたのかというと

先の投稿にあった初心者におススメする磯竿

不安定な精神で書いた特徴的な長文であることは書きながらも良く自覚していたが

アレだけで結論を出すのはやはり拙速ではないか

と思うに至り

「だがちょっと待って欲しい」

なのです。


初めての1本に

リバティクラブ磯風(ダイワ)
ホリデーイソ(シマノ)

がそもそも検討されていない点において

この記事は不十分なんじゃないか?

という思いがこみ上げて来た。


ぶっちゃけどっちも使ったことは無い。

釣具屋で箱から出して伸ばしてみたことがあるぐらい。

その感想だけで言えば

値段の割にデザインが凄く良い。


どちらが良いかは個人の判断によりますが

まあ、どっこいどっこいかな。

ブレーディングXのカーボンテーピングがカッコいいと思うならリバティクラブ磯風

もっとシンプルで落ち着いたコーティングが良いならホリデーイソ

そんな具合かな。


スペックを見るとわずかにカーボン含有率が異なるのと

同じ長さ、番手で価格も微妙に異なるので

その辺を考慮しても良いかもしれないが

どちらも上州屋あたりの量販店に行けば大量に陳列されている人気機種なので

実際に伸ばして比較して見ると確実でしょう。


で、先の記事で使ったこともない波濤に結論を結びつけておいて

コレだけで覆すのかというとそうでもない。

リバティクラブ磯風もホリデーイソも番手によっては1万円を超えてくるモノもあるけど

基本的には8000円前後のかなりリーズナブルな価格設定がされている商品。

釣具の良し悪しが価格と正比例しているかというと

ハイエンドに行けば行くほど価格と見合ってるか?という疑問は大きくなるものの

低価格帯は概ね価格と性能たいうか、使用した時の満足感は比例すると思ってます。


波濤を買う代わりにリバティクラブ磯風を番手違いで2本購入

明確に1本はフカセ、1本はカゴ釣り用と目的が異なる竿が欲しいならアリかもしれませんが

個人的にはカゴ釣りやるなら投げ竿と兼用で良くね?

と思ってしまいます。

実際私はカゴ釣り用の磯竿を持ってないので

リバティクラブサーフ、またはプライムサーフで代用しています。

全然釣った試しないというか、カゴ釣りやる頻度が低過ぎるからですけど。


カゴ釣りファンから言わせれば

絶対専用の竿があった方が面白い

と言うでしょうけど

どうでしょうね?

仕掛けの豪快さを考えると繊細な磯竿が必ずしも必要かとも思えないですよね。


だから個人的にはフカセ専門の磯竿にコストを傾斜配分させた方が良いと思うので

ここは波濤1択かな、と。


だがちょっと待って欲しい。

本当に検討すべき候補はそれだけだろうか?

しかも自身で使ったこともない竿で。

自分で使ったことがある竿で

初心者にも手が届く価格帯の竿が無かったか?


BφDERLESS BB 495 M-T

あらゆる釣りの垣根を超えて

なんでも熟す真の意味での万能竿

ボーダレス

の廉価版。


垣根がないって意味でボーダレスなんてネーミングしてますが

長さも強さも仕様も凄いラインナップの種類があるんですよ。

これだけ番手揃えればそりゃ大抵の釣りには対応できますよ。


で、この495M-T

ぶっちゃけどう見ても磯竿です。

コレでチョイ投げはできるけどルアーにキビキビしたアクションは掛けられない。


何が気に入っているか

M-TのMはミドル(強さ)でTはチューブラートップのT

だったはず。

そう、ちゅーぶらです。


初心者がソリッド穂先を扱うとポキポキ折りがちですが

チューブラー穂先ならそうそう簡単には折れない、ハズ。

まあ過去にインナーガイドの竿の穂先を何度か折ってる私が言うのも何ですけどね。


店頭価格で確か1万5000円程度だった記憶。

それでいて見た目もルアーロッドのようなスタイリッシュ。

この竿では過去に40cm台中盤までのクロダイを釣ったことがありますが

特に何も苦にならず、すんなりキャッチできたように記憶しています。

スパイラルXの恩恵だったのか!?


尤も、あんまり店頭で見かけないので

触り心地曲げ心地を実際に確認するのは難しいかもしれませんけどね。

他の番手でデザインを確認してもし気に入ったら候補に入れても良いんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2018/04/10(火) 13:45:55|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0