FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

剛黒

釣研ウキの中でクロダイ専用に作られたシリーズ「Black Spec」の一つ。

同じBlack Specの大征黒を更に大型化したような形状。

自重が大きいので超遠投も可能だが、正直このウキで遠投するとコマセが届かない距離まで飛んでいってしまう。

自重の大きさは慣性力を大きくし道糸が風に取られてもウキ自体がアンカーの役割をしてポイントからズレない効果を生む。

また体積の大きさは潮流を受ける面積を大きくし、コマセの流れを的確に捉える。 [剛黒]の続きを読む
  1. 2018/11/06(火) 17:38:23|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゼクトα

森井陽名人監修のゼクトが更に進化。

釣研トーナメントグレードの一つ。

ゼクトに比べ肩を張った形状で安定性が向上。

ゼクト同様トップディンプルが浮き上がりを抑制し、かつ精密浮力により食い込み抵抗を最小限に抑える。

まだ購入して間もないので出番が少ないが、オペレートでは攻略が困難なややタフな状況で使用したい。 [ゼクトα]の続きを読む
  1. 2018/11/06(火) 14:25:05|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フローズ

釣研トーナメントグレードの一つ

フローズ

オーソドックスな円錐ウキの形状とサイズにより中間距離を攻めやすい。

SSA採用により他のトーナメントグレードウキ同様細やかな攻めが可能。

前身は同じ藤園賢一郎氏プロデュース「トーナメントアクロ」。たぶん。

一番汎用性が高く、それでいて繊細な釣りを組み立てやすい。

しかし富津での使用頻度は低い。 [フローズ]の続きを読む
  1. 2018/11/06(火) 14:15:50|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オペレート

臥龍氏最大の信頼を置くウキ

オペレート

前述エイジアマスターピース同様釣研トーナメントグレードの一つ。

小粒かつ精密浮力により抜群の感度。

仕掛けの状態が手に取るようにわかる。

足元のテトラや磯際を攻める時にはコレを主軸に作戦を組む。

感度が良すぎるため海が荒れていたり流れが速すぎる場合には使えない。 [オペレート]の続きを読む
  1. 2018/11/06(火) 13:55:38|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エイジアLCマスターピース

前述エイジアマスターピースの大型版。

大型化することによりロングキャストが可能に。

同時に風の影響を受けにくく、潮の流れをガッチリ掴むこともできるようになっているので

より遠くまで飛ばせて、より遠くまでコマセと同調させることが可能。

無駄に沢山持っているけど

ぶっちゃけコレも富津での使用頻度は低い。 [エイジアLCマスターピース]の続きを読む
  1. 2018/11/06(火) 13:49:22|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エイジアマスターピース

7月24日にも写真だけ列挙した記事がありましたが今回は詳細を含めて紹介します。

写真の背景ががま磯のカタログなのは特に意味は無いです。


おそらく釣研で一番売れているのではないかと思われるウキ

エイジアマスターピース

最大の特徴は100分の1グラム単位で浮力をコントロールしたSSA(Super Strict Adjustment)の採用

釣研トーナメントグレードの中では他にもSSAを採用しているウキはありますが

がま磯グレで活躍した猪熊博之さんプロデュースによることも相まってトーナメント上位入賞者使用のウキでは圧倒的占有率。

1000釣法を応用した7mロングハリス釣法に最もマッチする。

ぶっちゃけ富津での使用頻度は低い。 [エイジアマスターピース]の続きを読む
  1. 2018/11/06(火) 13:43:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ウキ紹介

D-Flatzを紹介して思いだした。

先日タネコからブログでウキの紹介とかやってみたらどうですか?

という提案を貰った。

話の流れとしてはアフィリエイト等ブログを使った金儲けをするにはどうするべきか?

みたいな話題の中でそんな話になったんですが

金儲けの仕組みを導入するのは面倒なので

ウキだけ紹介する。

いっぺんに全部は紹介できないので

ウキの銘柄別に記事にしたいと思います。

誰得。
  1. 2018/11/06(火) 12:54:12|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キザクラ

釣りのウキに関しては圧倒的な釣研信者の臥龍さんですが

過日、キャスティング錦糸町にて処分品セール?で安くなっていた

キザクラのD-Flatz74 P-03

を購入。


富津と若洲で試してみましたが

なかなか良い感じの浮力。

ノーガンでジワジワシモって行く感じ。

若洲で使うにはちょっと沈みすぎな感じもありましたが

竿1本程度の水深があるなら全然使える感触。


キザクラといえば今まで購入したウキの尽くが

余浮力が大き過ぎて表記負荷の数倍のガン玉を背負ってもプカプカ浮いていて

まるで釣れる気がしなかったんですが

このD-Flatzシリーズに使われているPから始まる浮力表記

かなりシビアに浮力管理をしているらしく

またP-03に至ってはマイナス浮力として設定されているので風や2枚潮対策にうってつけ。

従来表記にも000号というマイナス浮力の設定がありましたが

浮力管理幅が広いのでその他のウキと逆に沈むのが速過ぎる問題がありましたが

P-03は結構使えるんじゃないでしょうか。


釣研で同じような仕様だとトーナメントグレードのラインナップに採用されているSSAがありますが

こちらは浮力管理幅が極めて狭いので信頼度は抜群なんですけど

いかんせん高価。

高切れなんてしようものなら即ブルー入りますね。


今回のD-Flatz74 P-03は処分品ということもあって

釣研トーナメントグレードの1/3の値段だったのでかなりお買い得でした。


まあ、若洲では不発でしたが。


今週末は富津で憂さ晴らし。

D-Flatzでテトラの際ギリギリを攻めてみようと思います。

高価なウキだと怖くて出来ないので。
  1. 2018/11/06(火) 10:16:57|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

禁書目録Ⅲ

義務教育で叙任権闘争を習ったかは全く覚えてないが

高校で西洋史を全く学んでいない人間にもわかる程度に

噛み砕いてストーリーを説明して欲しい。

途中の放送を見逃した訳でもないのにストーリーが虫食いというか

前提としている知識が足りてないから全然理解出来ない。
  1. 2018/11/05(月) 09:53:13|
  2. アニメ&ゲーム&声優|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第7回釣りクイズ

ワイ「お、お魚ちゃん! ワイ(の釣り餌)を無視しないで!」

お魚「うるさいですね……」スイスイー

ワイ「あ、あぁ〜ッ!」

お魚「はい、今日の釣りは終わり。お疲れ様でした。」

ワイ「うぅ…あ、ありがとうございました」

数日前、タネコから近々実家に戻る旨の連絡を受け、この機を逃しては永久にタネコと一緒に釣りができないのではと懸念の声があり、急遽釣りクイズを開催するに至った。

しかしお魚はなんだかワイのことが嫌いみたいでいつも目の前を大群で通過しては針のついた餌をシカトシカトなのだった。


という訳で昨日は第7回釣りクイズでした。

急な呼びかけにもかかわらず集まってくれた参加者は

城島ロリー
T居
大沢
タネコ

主催は臥龍


日が短くなってきた昨今

移動時間を節約するため会場は近場の

若洲海浜公園

しかし釣り桟橋は物凄い人出でごった返していたので

まあ、予定通り人工磯へ。


人工磯も人口磯と誤植されても間違いとは言えないくらいの人出。

仕方なく先端付近まで歩いて辛うじて5人入れるスペースに陣取ってウキフカセで釣りクイズをスタート


第1問「木村祐一」
第2問「ヤングチャンピオン烈」
第3問「清水愛」

だったかな?

問題順と正誤記録は忘れた。

誰が何釣ったかも記憶が欠けてる。

確か
カサゴ×1
ムラソイ×2
サッパ×1(大沢)
ドロメ×1(タネコ)

カサゴとムラソイの内訳を忘れた。

どれかは城島氏が釣ってるんですが…

コメント欄でアテストしてください。


総括すると

若洲はもういいかな、と。

本当は小メジナを釣って遊ぼうと思ってたんですけど

ここまでウンともスンとも言わないとは…


あ、主催者はパーフェクトボウズでした。
  1. 2018/11/05(月) 08:18:32|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ