臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

「なりたいものじゃなくて、なれるものを捜し始めたら もうオトナなんだよ…」

1991年に金子修介監督により映画化された杉元伶一の長編デビュー小説で、そのとき主題歌に採用された槇原敬之の「どんなときも」が大ヒットしたことで知られるのは何?


うえっ…吐きそう。

食べすぎじゃなくて精神的にね…


たぬきに間違えられてた猫ねこ080412

スポンサーサイト
  1. 2008/04/13(日) 00:02:14|
  2. クイズ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<Special Life!/KOTOKO | ホーム | デカルチャー(意訳:そんな馬鹿な)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/1017-1d2dcac7

セッション課題曲

「どんなときも。」になったので、オリジナル盤も聴いてみる。 槇原敬之verはやっぱり懐かしい感じがしました。
  1. 2008/04/13(日) 12:46:58 |
  2. Stlpd28の音楽生活