FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

夏アニメに関して

そろそろ最終回が近い夏アニメですが

個人的に良かったなぁと思う作品に序列を付けてみました。

1位:ストライクウィッチーズ
2位:夏目友人帳
3位:該当なし

こんな感じです。

まさかのスト魔女1位とかw 通してのストーリーはともかく、細かいところが結構良かった。
何といっても第7話「スースーするの」は神回。いや、つまらないんだけど…笑いが止まらない。

夏目友人帳は全く期待してなかった(スト魔女もだけど)割には面白かった。
柚木涼香ばんざい。

期待していたスレイヤーズRevolutionとひだまりスケッチ×365ですが

スレイヤーズに関しては復活したことだけですね、喜んだのは。
ストーリーは劇場版に毛が生えた程度です。残念だtt(ry 良くねーよ。

ひだまりは…前作が良すぎたってことにしましょう。

あとは今放送中のアニメで言うと、フルメタTSRが神がかってますね。再放送ですが。

マクロスFとコードギアスR2、ソウルイーターレイトショーがそれに続く感じでしょうか。
マクロスFは残念な作画が最近なくなってしまったのが残念。こっちは良い意味で?
コードギアスに関してはシャーリー死んでから面白くなった感があります。
レイトショーの茶目っ気は結構好き。

その他のアニメについて

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ
もはや人物が全部モブなのはどうでもいいや。きっと主役は背景なんだ。
最近思うのは、その背景のリアルさは最初こそ驚いたけど、慣れてくるとそれもどうでもいい。それは背景はあくまで背景であってメインはストーリーであり人物描写であり役者の演技であり、そういったものを求めているっていうのもあるかもしれない、けど背景がアニメを構成する重要なファクターでない訳は無いとも思ってる。
あの感覚は何だろう…他の作品でリアルな背景、例えば空の境界とか、ちょっと古いところだと逮捕しちゃうぞTHE MOVIEとか、どっちも映画だけど(テレビ放映で比較できるほどの画を知らない)あのリアルさ(と呼んでいいのかわからない)は単に写真じゃない「画」としての背景なんだなぁ、と思った。
先週?のTBNで閣下が確か宮崎駿監督についての話をしたときの内容だったと思うけど、監督は映画のモデルとなったロケ地で写真を撮るのではなく、現場の風景を頭にイメージとして残しておいて、そのイメージを画にする、といった話がありましたがそれを聞いてなるほど単に「写真」→「画」に変換するのではなく、「イメージ」としての景色を描くことでより印象的な背景が完成するんだなと思った。実際宮崎アニメは背景が主役だと思ってる。

ゼロの使い魔~三匹(ry
もはやどこからダメ出ししたらいいのかわからない。
逆にいいところを探すと…シエスタが痴j(ry 
堀江由衣になんて台詞を喋らすんだ。もっとやれ。

恋姫†無双
Schwarzweiβのおかげで「ダガー」とか「短剣符」と打つと「†」に変換されるようになった。関係ないな。
キャラの特徴・設定が史実の人間を踏襲しているところが面白いという意見を聞きましたが、まあ別にそれは一騎当千においてもやられていることだし(実力では圧倒的に上の関羽が呂蒙に対しては相性が悪い、とか)、というか歴史上の人物と同じ名前を持つ場合って大概そうだよね。でなければその名前を使う意味が無い。
その点では私はスト魔女の方が好きですけどね。
じゃあこの作品のどこが面白いかというと…寒いぐらいのベタ展開が1周か2周して面白いって感じです。

一騎当千
つまらん。

セキレイ
私は草野…っていうか、花澤香菜をちょっと注目するようになりました。

薬師寺涼子の怪奇事件簿
1話で切ったので何とも。

World Destruction ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~
同上

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~
第1話Aパート終了前に切ったので何とも。

乃木坂春香の秘密
MXさん空気読んでください。

Mission-E
MXさん、変なところだけ空気読まないでください。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/08(月) 02:04:02|
  2. アニメ&ゲーム&声優|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<YOU'RE THE ONE/ICHIKO | ホーム | 領主から宇宙へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/1176-f252369d