FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

今年はどんなに釣果がショボくてもレポートを書いてみようと思うわけであります。

原宿ダンス


午前5時過ぎ、千葉県根本港到着。

事前の情報では最近メジナ(注1)の活性が高く、40cm近い大物も多数釣れているということ。

2年連続で強風に泣かされたが今回はほぼ無風。ベタナギ(注2)。

大物対策として、今回は道糸3号(注3)、ハリス(注4)は2.5号を使用。

釣り座は御神根(注5)の最も西に位置する磯のほぼ中央。

潮は陸から沖へ払い出し、濁りは皆無。水温は計ってないが痺れるほど冷たい。

今回使用したコマセ(注6)はオキアミ(注7)3kg、グランディス1袋、グレパワーV91袋。

7時前に渡礁、7時ごろ釣り開始。

つか準備中にいきなり竿折った。修理費6000円強。モチベーション80%↓

予備の竿をセットして実釣開始。

ウキは2B(注8)から使用。ウキ下(注9)は約2ヒロ(注10)からスタート。

手前のハエ根(注11)際でフグ、フグ、フグ、餌無し、フグ、鈎無し(注12)、フグ。

沖のシモリ(注13)付近でやや大きめのフグ、鈎無し、フグ。

戦意15%までダウン。

早くも軽く諦め気分でいると親が30cm強のメジナ1尾を釣り上げる、が、写真を撮るときに海中に落とす。

推定25cmのカワハギを掛けるも水面でバラす。

潮が緩むと同時にフグの気配が去る。

ウキを3Bにし、-3Bの水中ウキ(注14)を付けてタナ(注15)を約4mにとって緩い流れに無理やり仕掛けを乗せて流すと25cmのメジナがヒット。この日唯一のキープ。

親がウミネコを釣る。

手前の根際に50㎝オーバーの魚影を確認するも相手にされず。

午後2時撤収。

結果、惨敗でした。

注1 メジナ:スズキ目スズキ亜目メジナ科メジナ属メジナ
   あまり市場には出回らないが、遊泳力が強く大きさの割りに引きが強いため人気の釣りのターゲット。
   一般に「クロメジナ」と「メジナ」を総称してメジナと呼ぶが、釣り人は前者を「尾長メジナ」、後者を「口太メジナ」と呼んで区別する。
尾長は口太に比べ鰓蓋の縁が黒い、鱗が小さい、尾鰭の切れ込みが深い、などの点で区別する。
一般に、魚の遊泳力は尾鰭の切れ込みが深いほど強く、故に同じ大きさの尾長と口太では尾長の方が断然に釣味が良いが、沿岸には圧倒的に口太の方が多い。
近縁種に「オキナメジナ」と呼ばれる魚が居るが、これはイズスミ科の魚。顔も不細工。

注2 ベタナギ:風が穏やかで波の静かな状態を凪というのに対し、風が無く水面が空を反射するほど静まり返っている状態をベタナギという。
   一般に時化ると魚は釣れなくなるが、ベタナギでも魚の活性が落ちてしまうため静か過ぎる海は歓迎されない。

注3 道糸3号:道糸とは、竿先に直接結びつける糸、またはリールに巻き付けてある糸のこと。
   釣りではその用途に合わせ途中で太さの違う糸を結ぶが、道糸はその最も釣り人側にある糸を指す。
   3号の「号」というのは釣りで使われる単位。糸ならば太さ。錘ならば重さ。竿ならば反発力の強さ。鈎ならば大きさ。ウキならば浮力。

注4 ハリス:道糸に対し、最も魚側にある糸、鈎に直接結ぶ糸をハリスと呼ぶ。
  一般に、ハリスは道糸よりも細く、その原点は道糸が切れることによりウキなどの付属物が回収不能になることを避けるためにわざと細い糸を先に結んで、切れるときは細くて弱いハリスから切れるようにしてなるべく損失を少なくしようとする心理から生じたもので、大きな魚を取るためにはより強い糸が必要という考えと矛盾したものであるが、昨今の釣りでのハリスの存在意義は、釣り人が今仕掛けをどこに流しているかを把握しやすいように視認性の良い色をつけた道糸に対し鈎に結ぶ糸はなるべく魚に見えにくいような色をしていなくてはならず、また、リール竿に付いている糸を通す穴(=ガイド)との対磨耗性を求められる道糸に対し、ハリスは岩などの海底の障害物に擦れたりしても傷つきにくい、また傷ついても直ぐには切れないという道糸とは異なる機能を持つことである。

注5 御神根:房総半島最南端野島崎灯台の西にある岩礁帯。
   大型のメジナ・イシダイなどが揚がることで有名。

注6 コマセ:魚を寄せるための撒き餌。オキアミなどのプランクトンと麦やカイコのさなぎを粉末状にした配合餌などがある。

注7 オキアミ:まんまエビの格好をしているにもかかわらず、分類上はエビとは異なる。
   髭クジラなどの主食。主な漁場は南極近海。
   日本には当初、貴重な蛋白源として輸入されたが調理が難しい、不味いなどの理由で普及しなかった。
   現在は釣り餌の他、養殖用の飼料などに使われ、あまり人間様の口には入らない。と聞いたがかっぱえびせんに使われているらしい。

注8 2B:Bとはウキの浮力の単位。同時に錘の重さの単位でもある。
   1Bは0.55gである。が、2Bは0.75gであり、1B+1B=2Bとはならない。
   ちなみにBの下にはGという単位があり、1Gは0.40gである。但し、Gは数字が大きくなるにつれて重さが小さくなる。2Gは0.31g、3Gは0.25gである。
   また、Bの上には号があり、何故かアルファベットではない。
   1号は3.75gであり、これは日本の釣りが古来より尺貫法を用いてきたことに由来すると思われるが、匁は使わない。
   ちなみに号は0.3、0.5、0.8など小数点以下も存在する。

注9 ウキ下:ウキから鈎までの糸の長さ。あるいはウキが誘導式である場合、そのウキの誘導を制限する「ウキ止め」から鈎までの長さ。
   つまり、水面から鈎までの水深。但し実際には止水でない限り水の流れによって糸が浮き上がるので実際の鈎が漂う水深はウキ下より短い。

注10 ヒロ:長さの単位。人が両腕を目いっぱい広げたときの右手中指から左手中指までの長さ。これはその人の身長に等しいと言われているのですが、当然人によってその長さが変わって来ますが、一般に1.5m程度とされています…短くね?

注11 ハエ根:「根」とは水底に存在する障害物のことを指し、鈎が障害物に引っかかって仕掛けの回収が不可能になることを「根掛り」という。
   ハエ根は海底で庇状に上部が張り出している根のことで、魚がその下によく潜んでいることが知られている。魚が居る場所なので格好のポイントでもあるが、その形状から魚に鈎をくわえて逃げ込まれると、その庇部分で糸が擦れて切られる可能性が高い。
   普通、足元から張り出している根のことをいう。

注12 鈎無し:別にコレ自体が用語というわけではないが、釣りをしていると糸の先がプッツリ途切れて鈎がなくなるという現象がよくある。
   これは根掛りなどして鈎を紛失する場合などではなく、何の抵抗も感じなかったのに糸が切れたり、鈎の途中で先が無くなっている場合、フグによって噛み切られた場合が多い。これはフグの歯がニッパー状なっていて強い顎を持っているためである。

注13 シモリ:様々な用途で使われる言葉だが、この場合は「シモリ根」のこと。
   シモリ根は海底にぽつんと存在する根。
   海流の中にあるとその周辺で流れの変化がおき格好のポイントになるが、海草がシモリ根に生えていると根掛りを多発する。

注14 水中ウキ:通常のウキとは異なり、浮力がマイナス、つまり錘である。
   通常の鉛錘と違う点は素材が軽いため体積が大きい。そのため流れを受けやすく、潮の流れに仕掛けを同調させたいときに用いられる。

注15 タナ:普通、魚の遊泳する水深のことを指すが、船などで魚探などを使わない限り正確な魚の遊泳層を把握することは難しい。
   この場合の「タナ」とは、釣り人が仮に定める魚の遊泳層、すなわち海流を計算に入れた上で決めるウキ下のこと。


一応釣りが分からない人にも読めるように注釈とか付けてみました。
興味なければ読み飛ばしてください。って最後に書くことじゃないな。
まあ言われなくても興味なければ読んでないと思いますが。


根本港のぬこ2匹


画像は根本港に居た2匹のぬこ。いい魚喰ってるみたいです。毛並みがいい。
スポンサーサイト



  1. 2006/01/08(日) 23:41:39|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<そんなこと(Good!)ね?(Yes!) | ホーム | いざ出陣>>

コメント

あけましておめでとうございます、
そして本当にお久しぶりです。
(コメント欄で失礼ですが。。。)
多忙が何とか解消できて更新が再開できそうです。
(今久しぶりにこっちのBBSを見て物凄いことになってることに気づきましたw)
では、またどうぞよろしくお願いします。
  1. 2006/01/10(火) 03:11:51 |
  2. URL |
  3. 日下 #-
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。
こちらのコメントでもBBSでも遠慮なく書き込んでください。
私もSP2の方にちょくちょく書き込まさせていただきます。

これからもよろしくお願いします。
  1. 2006/01/11(水) 00:54:53 |
  2. URL |
  3. 臥龍 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/190-b24582cf