FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

今期ぶっちぎりの最高傑作ってことでいいかな?

シュタゲ見てないんで確定できませんが。

夏に想起させるノスタルジーを効果的に使ってるだけに過去に忘れ物がある人のツボを刺激しまくり(エンディング含む

さらにキャスト陣の名演

そしてあなるのツンデレっぷり。

2010年代最高傑作だと一部で言われたまどか☆マギカをわずか次クールで塗り替えるDVDヨン的な(違うけど)事態になるかと危惧…いや期待したんですが

まあそこまででも無かったかな。

青い栞の発売がもっと早かったり

O.A.時期が第3クールだったらまた評価が変わったかも。

アニメ作品って作品単体だけで評価できないんですよね、私。

アニメが演劇と絵画と音楽の総合芸術だっていうのは昔何かで読む前から思っている事ではありますが

私は評論家では無いのでその他に外部的要因を含めて…それこそ個人的な事情を含めて評価してるので

まあ異議は多々あるかと。

不謹慎なことかもしれませんが

まどか☆マギカは関東では第10話のワルプルギスの夜O.A.が311の深夜だったはずが延期になったことで神作品として完成された感があるし

School DaysはNice Boat.まで含めて一つの波だったし

エヴァは当時の社会的閉塞感が社会現象を起こす「お膳立てになった」ことをひっくるめて庵野監督の狙いだったとしか思えないし

そういう背景も含めて評価したいんですよ。

もっと個人的なところを掘ると

これは以前何かの雑誌で読んだ情報だった気もするけど

今日の5の2

これは今の20代後半をピンポイントに狙った作品だという制作側の見解。

見事に釣られましたとも。

5の2はかなり特殊な例かもしれないけど

視聴者が何に共感するか、何に同調するか、何にコミットするかによって受け取り方が変わる…つまり観る側のバックボーンによって評価が全然変わってしまうこともあると。

言い換えると個人の趣味。つまらないまとめになったな。

まあ所詮個人ブログなんで、私見がなけりゃ意味がないですし。

もっと広い一般的な評判は雑誌がやってるでしょ。
スポンサーサイト



  1. 2011/06/27(月) 12:25:14|
  2. アニメ&ゲーム&声優|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<英才教育 | ホーム | DOGDAYS>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/1990-23ba6944