FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

ディメトロ丼

今日は術後すぐに撮影したCT画像を見せてもらった。

前頭部に丸い穴。

穴の部分の骨を留めるためのチタン板。

私が火葬されたあとにはコレが骨に紛れてるんだな…

釣りの最中に高波にさらわれて行方不明とかにならなければ。


松屋の山掛けねぎとろ丼を食べていたら突然

昔から「ねぎとろ丼」という単語が何かと語感が似ていると薄っすら思っていたことに気づき

さらにそれが「ディメトロドン」だったことに気づいた。

ガキの頃ゾイドで遊んでいたせいで、幼稚園児のころから「ディメトロドン」という単語は知っていたので

「ディメトロドン」の語感が「ねぎとろ丼」に似ているのではなく

「ねぎとろ丼」の語感が「ディメトロドン」に似ている。

という認識です。

たぶん幼稚園のころにねぎとろ丼という単語は知らなかったと思う。

それにしてもこんな薄っすらした霧のような頭のモヤモヤが晴れるのは

やはり脳をいじくったせいでしょうか?


幼稚園の頃

誕生日になると先生が「たんじょうびのほん」なる小さな本(ハードカバー)を作ってくれた。

元々モノがあって、あちこちにある空欄を埋めてその子の成長の記録とする、みたいな奴ですね。

先生「将来何になりたい?」
臥龍「わからない」
先生「じゃあ何か好きな物はある?」
臥龍「デスザウラー」

当時幼児向けのゾイドの本を一生懸命読んでいた記憶はあるが

クラスでゾイドの話を共有できる存在は皆無だった気がする。

幼稚園の先生はそれなりに子供の流行は把握しているはずですが当然ゾイドなど知る由も無く

先生「デスザウラーって何?」
臥龍「ゾイド」

そうして「おたんじょうびのほん」には

しょうらいなりたいもの:デスザウラー・ゾイド

と書かれたのでした。

先生が本に書き込んでいる様子を見ながら

(先生、違えよ…違えんだよ…)

顔コレクション・十面鬼のように何とも言葉では表現できない表情をしていたと思う。


Dream a go!go!/榊原ゆい
小学校の卒業アルバムの中で
『将来なりたいもの』を綴ったものがある
「ボクは立派な”消防車”になりたいです」って
書いてたアイツ今頃何しているんだろう??



TBSラジオ『たまむすび』でのいつぞやの放送

赤江「私の子供は将来踏切になりたいって言ってる」


幼少期に本域の不思議ちゃんであっても

適当に勉強していれば修士号ぐらい取れます。

ソースは私。


ちなみにガキの頃持っていたゾイドのプラモデルは

デスザウラーではなくマッドサンダーでした。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/09(木) 23:40:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キャバレーロンドンオリンピック | ホーム | ショウ君>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/2260-cbd7cd54