FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

これまでのあらすじ

4月下旬 臥龍「なんか頭痛い」
5月頭  臥龍「何か頭痛い。病院行く」
     医者(神経内科)「脳梗塞と脳腫瘍です。緊急入院です。」
5月下旬、退院

6月下旬、再入院

7月上旬、脳腫瘍摘出手術
7月下旬、退院。自宅療養6週間
     次回外来→10月上旬
     上司「自宅療養期間が終わる前に仕事復帰していいか改めて診断書もらって来い」

8月下旬 医者(脳神経外科)「脳の外側(頭蓋の内側)に結構血が溜まってるので(脳梗塞を予防するための)血液をサラサラにする薬の服用を一旦中止しましょう。飲んでると脳の出血が止まらないので。仕事はデスクワークなど軽い作業なら復帰して良いです。」
     医者(神経内科)「血が溜まってるのはたまたま見つかったんですか?運が良いですね。症状も何も出てないですし。仕事復帰ですか?無理です。とりあえず9月いっぱいまで自宅療養を延長しましょう。」←今ここ。

出血さえ止まればあとは放置しておけば血溜まりは自然と無くなるらしい。

止まらない場合、血溜まりが脳を圧迫するのを防ぐためもう一回頭蓋骨に穴開けて、パイプを通して血液を出す手術が必要だとか。

血液をサラサラにする薬の服用を中止したため脳梗塞再発の危険性はあるが30年弱生きてきて1回とかいう確率だから“たぶん”大丈夫。

脳梗塞の原因が動脈硬化ではなく、心臓の卵円孔開存からくる静脈血の動脈への混入と思われるので、
息を止めて力むと再発する恐れあり。うんこするときは気をつけてください。と言われた。


脳梗塞を起こしても麻痺等の外見的症状無し。

脳で出血を起こしていても自覚症状無し。

不幸中の豪運に感謝。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/27(月) 14:02:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< | ホーム | VGA>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/2281-ccf90696