臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

セントエルモの松明

夏休みになると無性に釣りに行きたくなる。

今回はTOURNAMENTは両方2軍降格させて

代わりにLABRAXを1軍昇格。

10フィート2ピースのため普段の磯用ロッドケースではなく

ルアーロッド用のロッドケースを使用。

ここに

LABRAX
BB-X LARISSA
LIBERTY CLUB SURF
BφRDERLESS

さらに玉の柄を押し込んで。

全くスタイリッシュじゃない。


10時ちょうど釣り場到着。

まずは投げ釣りから。

2時間やってシロギス1匹。

手尺で17cmぐらい。


せっかくLABRAXを持ってきたので

ちょこっとミノー投げたりエギを投げたり。

特に何事もなく。

直ぐ飽きます。


昼飯食ってウキフカセ開始。

先日のOh!エド釣り日記を見たこともありメジナに狙いを変えようかとも思いましたが

この日の潮周りが小潮のため、であればむしろコマセが固め打ちし易いのでクロダイに絞って配合は

オキアミ3kg+チヌパワーDASH1袋

最近にしては配合が少ないのはルアーを投げる時間を考慮してのことでしたが

まあ誤差の範囲ですね。ルアーの時間が。


コマセを撒く前から知ってたんですが

フグだらけ。

海面を覗けばクサフグがあちこち泳いでいるのがよく見える。

そしてコマセを撒けばさらに足の速い小魚…たぶんサバが寄ってくる。

とりあえず付け餌はオキアミからスタート。

…3秒持たない。

餌の付け方とかいろいろ工夫して見たけどどう頑張っても瞬殺で餌がない。

ガン玉を外して完全フカセでハリスを張ったまま馴染ませる…馴染ませようとすると

水面下数センチでサバが食ってくる。

いっそのことサバを暴れさせてエサ取り群を散らしてやろうとしましたが

あいつらは「俺にも寄越せ」と言わんばかりに暴れる仲間に対してチェイスしてくるんですね。

シイラなんかは一人がヒットしたら二人目がヒットするまであえて遊ばせることで間断なく釣り続けるというテクニックがありますが

まさにそんな感じ。

一回沖に走らせて群れごと遠くに連れて行ってもらうとかやりましたが

沖でうまい具合に針が外れてはくれないので

結局手前に回収してくると群れも全部帰ってくるんですねorz


いつだったか大知さんが「食い渋りイエロー」を使っていたので

最近我が家では練り餌ではコレがブーム。

まあ、エサ取り対策としては非常に強い武器ですね。

1分持ちませんでしたが。


缶詰のコーン。

クロダイは悪食で有名なので、本来海にある食材じゃなくても釣れます。

その代わりコーンを食べる魚なんてクロダイ以外にはいないのでエサ取りが遊んでくれません。

アタリがほぼ無くなります。

あまりにもアタリが遠くなるので本当に釣れるのか?と不安になります。

クロダイだって目の前にオキアミとコーンがあればたぶんオキアミを食うだろう、とは思います。

コーンを使うのは、「あえて食べにくいエサ」であるため、エサ取りの層を抜けて海底付近にいるクロダイまで届くからです。

まあ、今回はコーンでクサフグが釣れたわけですが。


午後3時。

剣崎釣行で経験した竿を持つ手にパリパリとした感触が。

急いで撤収。

いつ雷撃を受けてもおかしくない状態だったんですね。

撤収した途端に雷鳴が鳴り響きまくってました。


今回の釣果
シロギス×1(約17cm)
サバ×10ぐらい?(全てリリース)
クサフグ×1(リリース)



臥龍「これから帰る」

母「雨凄いから運転気をつけて」

臥龍「既に前が見えないぐらい降ってるよ」

母「外で何かドンドン鳴ってる」

臥龍「雷じゃない?」

母「そうかな?」

父&臥龍「まさか足立区の花火じゃないだろ~wwww」
スポンサーサイト
  1. 2014/07/20(日) 18:52:54|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ろこどる | ホーム | 音鉄>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/2685-37ef0e0b