fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

第4回釣りクイズ

元々7月に開催予定だった第4回釣りクイズですが

風が強かったり波が高かったりで何だかんだ延期を繰り返し

とうとう11月下旬の開催になってしまいました。


今までの開催時期と場所は

第0回 2011年10月29日 下洲港 ※クイズはしてない。
第1回 2012年4月28日 北ケイセン
第2回 2013年8月24日 下洲港&萩生港
第3回 2014年10月25日 下洲港

大体年1回ペースですね。

季節も春~夏~秋と満遍ない感じ。

今回は今までで一番厳しい釣りになるかなぁ、と予想。

何せ11月も下旬でかなり寒い時期で、尚且つ場所が東京湾奥の若洲海浜公園なので。


朝起きるとタネコからのメールを確認。

37℃超の熱があるため欠席とのこと。

残念。タネコへの差し込み問題があったのに…

体調が最優先ですからね。

熱を出して釣りしても全然楽しくないどころか辛くてしかた無いですから(cf.下田旅行)


という訳で今回の参加者は

T居さん
S本
大沢くん
臥龍(主催)

の4名


8時半ぐらいに家を出発して

途中のセブンイレブンでおにぎり2個+カレーパンを購入。

おにぎりの具は紅シャケと南高梅。

釣り人の間で昔からあるジンクスに

梅干しのおにぎりを食べると釣れない

というものがあります。

梅干しの匂いか何かが手を介して釣り餌に付くと釣れなくなる

とかいう仕組みだろうか?

と思っていましたが

それを言ったら日焼け止めクリームを塗った手で釣りする方が影響が大きいでしょう。

ジンクスは積極的に破っていくスタイル。


いつもの餌島でエサを購入。

アミコマセ2kg
沖アミパン1袋(ヒロキューの配合餌。今回初めて購入)
アオイソメ小1パック
オキアミM1ブロック


環七激混み。

10時新木場集合も微妙に間に合わない。

というか、メールを確認するとT居さんもS本も遅刻するらしい。


10時10分頃新木場駅到着。

が、目標物周辺は一般車両は進入禁止。

仕方なく近くの適当な場所に停めようとするとどんどん関係ない場所へ…


10時25分、新木場駅前のタクシー乗り場に到着。

酷い。


定刻を守った大沢くんと、若干遅刻のS本は既に到着していて

T居さんも私の後にまもなく到着。

いざ若洲海浜公園へ。


新木場駅から若洲海浜公園駐車場までは5分程度?

さっきの集合場所への迂回の酷さが際立つ。


当初の予定通り人工磯へ

場所はトイレ前周辺。

というか

よく川越のGGさんが

人口磯

と書くように

この11月下旬の寒い時期にも関わらず随分釣り人が沢山いる。

比較的空いてるスペースに入ったが4人で釣りをするにはやはり結構な密集度。


今回はウキ釣りメインの予定ですが

諸事情と状況を鑑みて参加者3名は全員ヘラ竿でノベウキ。


タックルは

竿:ヘラ竿4.5m
道糸:ナイロン2号(ダイソー)
ハリス:シーガーではありません1号
ハリ:チヌ1号
ハリス直結完全フカセ

付けエサはオキアミが解けるまではアオイソメでスタート。


開始から立て続けにT居さんがドロメを5連発

その後コマセにボラが寄ってきたと思ったら大沢くんがボラ(49cm)を上げる。

S本もドロメ1匹を釣るなどみんなそこそこに?釣れる。


午後2時

この日は大潮で昼過ぎぐらいが干潮。

上げ潮になった途端に波が足場を洗い出したので堤防へ釣り場を変更。

ちなみにこの時点で臥龍さんはボウズです。


午後2時半

人工磯も人が多かった印象ですが

堤防はその比では無かった。

ハイシーズンならともかく、この時期に若洲の堤防ってこんなに人でいっぱいなのか…

かなり見くびってました。

堤防付け根側はほとんど人が入れるスペース無し。

先端方向を見ても人がビッシリ。

こりゃあそもそも入れるスペース無いんじゃね?

と思いかけたころ、丁度堤防の真ん中ぐらいで何とか入れそうなスペース発見。

ここを逃したらもう入れる場所無いな、と思い

周りが釣れているかといえば全く釣れている気配は無いもののとりあえず再開。


周りはサビキorウキサビキが主流の模様。

何の群れも回ってないみたい。


コマセをパラパラ撒くと結構なスピードで流れていく

さすが大潮。湾奥でも潮が効く。

むしろウキ釣りにはちょっと早すぎる。

今日のコマセは軽いので沈むころにはお隣さんあたりで効いてるんじゃないか?


大沢くんがボラ(46cm)を追釣。

リリースしようとしたら持って帰って食べるとのこと。

一般に外道扱いされるボラですが、釣った魚はできるだけ食べようとするその心意気や良し。

スカリに入れて海中へ。


しばらく暇な時間が過ぎます。

前日に放送された頭脳王の話とかおよそ釣り場で交わされる会話では無い。


私はというと

3人の仕掛けの面倒を見ながら磯竿でウキフカセ。


午後3時頃にまたもや大沢くんが大物を掛けるもチモトで切られてバラシ。

水面下でギラっとした魚体が一瞬見えましたが…ボラのようには細長くない。

どちらかというとウミタナゴ的な扁平な魚体がヒラを打ったような…

ハリスを1号からD-Fron1.5号へ交換。


午後3時半頃

聞き合わせをすると何やら魚の感触。

大沢くん同様にチモトを切られてバラシ。

大沢くんのバラシを見た時に一緒に1.5号へ替えておくべきだったか。

同じようにD-Fron1.5号へ交換。


コマセを撒けばボラが数匹寄ってくるのが見えるようになり

周囲のサビキもボラが掛かっては水面で(わざと)バラシたりするようになった

午後4時前

沈め探り釣りをしていた私のウキはハリが海底に着いたのか動かず。

ただ流れが速いのに妙な仕掛けの角度で止まったのが気になり聞き合わせをすると

またもやゆっくりと魚の動く感触。

その直後に猛烈な引き。

あー、やべぇ。デカいボラが食ったかー

と思いつつも、ボラとは違い下へ下へと突っ込む。

堤防は根があるようには思えないけどすぐ横にはお隣さんが釣りをしているので

レバーブレーキで糸を出すわけにはいかない。

しかし堤防は安全柵があるので腰を落として竿をタメることもできないので

柵から上体を乗り出してグリップを下げつつ応戦。

上がってきたのはやはりクロダイ。それも結構良い型。

大沢くんにタモ入れをアシストしてもらって無事キャッチ。

クロダイ44cm

混雑している釣り場は釣り難い反面、大物を上げると一躍ヒーローになるんですね。

通りすがりのおばちゃんお姉さまが写真を撮りに集まってきたり

ブツ持ち写真を撮ってもらおうとS本にiPhoneを渡すとその横で同じように写真を撮られたり…

観光地で知らない人にシャッターをお願いすることはあっても

釣り場で知らない人に写真を撮られるって何だろう。良く分からない状況だ。


午後4時50分、終了。


釣りクイズ経過

第1問:ドロメ(T居さん不正解。主催が知っているため優勝ではない)
マルチチャンス:T居さん正解(ドロメを釣り直して正解:5点)

第2問:城島健司のJ的な釣りテレビ(T居さんドロメを釣るも不正解)
マルチチャンス:T居さん正解(スマホでちゃんと調べる。釣ったのはドロメ:5点)

第3問:ワラスボ(T居さんドロメを釣るも不正解)
マルチチャンス:大沢くん正解(ボラ49cm:5点)

第4問:ピンノ(S本正解。釣ったのはドロメ:5点)

第5問:鯛の鯛(大沢くん正解。釣ったのはボラ46cm:5点)

第6問:海の幸(今回は主催が釣ってもスルーにはならないルールでしたが臥龍がクロダイ44cmを釣ったため参加者の満場一致でスルー)


結果

優勝:臥龍(440pts)
1位:大沢くん(10pts)
1位:T居さん(10pts)
3位:S本(5pts)


主催者優勝という良く分からない結果に。

うんうん、それもまた釣りクイズだね。


今回の釣果

クロダイ×1(44cm)

20151128ドロメ
20151128ボラ
20151128クロダイ44cm
20151128釣果
スポンサーサイト



  1. 2015/11/29(日) 12:25:12|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第4回釣りクイズ補記 | ホーム | 第1問>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/3371-9ed2dcd4