臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

千代田線とトイレをめぐる冒険

忘年会を終えて店を出たところでM野先輩(飲んだくれ)が

「上司が臥龍と飲みに行きたいって言ってたぞ」

と名指しで2次会指名をしていたとの情報を吹き込まれましたが

20人規模で2次会へ雪崩れ込むようだったので

酔っ払いの戯言と断定してこれを無視。

京葉道路を爆走して両国駅から新宿経由して渋谷へ


ラストオーダーにギリ間に合う形でクイ研忘年会スイーツ部に合流。

ティラミスとアイスコーヒーをオーダー。

これがトドメだった。


食べ終わると同時に激しい腹痛。

思えば忘年会では刺身6人前を一人で食べつくしたり

飲み物といえば緑茶(冷)2杯コーラ1杯

京葉道路を錦糸町から両国まで爆走

そりゃ腹も痛くなりますわ。


私が普段「トイレをめぐる冒険」で激闘を繰り広げているのは

町屋
西日暮里
秋葉原
浅草橋

といった辺りなんですが

今回の舞台は渋谷。

第1Rの東急9Fはすぐに見つかり個室も空いていたので楽勝の部類。

第2RのTSUTAYA6Fが個室が空く気配が無いため見切りをつけて7Fへ

6Fの時点で本屋とカフェが融合したオシャレ人以外が足を踏み入れてはいけない領域でしたが

7Fは更に優雅さというか意識高い感じの人たちが意識高そうな時間を過ごす場所で

一人トイレを探して齷齪している臥龍さんは本当にやきう民というか伊集院リスナーだな、と思いました。

ただ伊集院さんと違って私はいつもギリギリのところで必ず勝利してきましたが

伊集院さんは下痢には負けないけど快便に快楽堕ちするという異常性癖の持ち主なので同じではないのですが。


TSUTAYA7Fのダンジョンの隠し扉みたいなレストルームは本当に見つけづらい。

人が入っていくのを見つけたから分かったものの、そうでなかったら漏らしてたんじゃないかと。

またトイレを見つける嗅覚が研ぎ澄まされてしまった。


半蔵門から表参道で乗り換えて千代田線。

金町まで座っているつもりが赤坂の手前で第3R開始。

一瞬目の前のトイレを見逃して改札を出そうになるも何とか間に合う。


既に臥龍のお腹のライフは0でしたが

自宅トイレで30分の死体下痢の籠城戦。


風呂に入ると間もなく25時。

伊集院光深夜の馬鹿力を風呂でリアルタイムで聴くとか何年ぶりかな?


ラジオが始まるといつものスタジオの隣のスタジオから放送していると前置きして

伊集院さんが謝罪を始めた。

何でも7~8年前にこのスタジオでキングオブコメディ高橋とレギュラー番組を持っていて

当時高橋に痴漢容疑が掛けられたときに

俺は人を見る目があると言って高橋を擁護したことを恥ずかしいと振り返る伊集院さん。

これからは信頼を裏切らない放送をすると誓って通常放送に戻る訳ですが

現状限りなく真っ黒であってもまだ裁判もしてないのに犯人確定呼ばわりでいいんですかね?

刑が確定するまではあくまで推定無罪として扱う、というのは近代法の基本ですが

最近は法学部1回生でも理解してない人がいるくらいだしショウガナイかもしれませんが

イジュ上チキを名乗るならばそれぐらいは理解しておいた方が良いのではないかと。

まあ、ラジオでその辺強く念を押すのは青木理さんですが。


そういえばTBSは赤坂だったね。


調べたら高橋痴漢(冤罪)事件の現場って千代田線なのか。

痴漢をしようとは毛頭思いませんが

痴漢にでっち上げられないようには気を付けようとは思う。

特に綾瀬~西日暮里間の混雑具合が酷い。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/29(火) 02:32:42|
  2. ラジオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2015年釣り総括 | ホーム | ハッカドール>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/3400-e5403ac8