臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

石切

今日は猪瀬釣行の予定でしたが

昨日通過した低気圧の影響で大時化

日付が変わるぐらいのタイミングで風向きが逆になる予報だったので波が収まることを期待しましたが

当日になって船長からNG。


海自体は濁りが物凄く良さげな感じ。

但し洗濯機状態。


猪瀬は無理でも他の磯ならば

ということで大房岬の北西端にある石切へ


渡船の予約を取って頂いたM浦さん

臥龍父と私

他にも磯上物師3名の計6名で上陸。

狭い。

というか6人は無理。


場所決めジャンケンで3人全員負ける。


基本的にサメ島側の潮通しが良い方から順番に埋まって

私は一番奥、隣に父、M浦さんに至っては場所が無いので波が収まるのを待ちつつ他の釣り人を観察。


背後から抜けてくる波が上滑りして釣りにならん。

おまけに波が高くてちょいちょい命の危機を感じる。

M浦さんは先端西側で始めて間もなく40オーバーのクロダイをキャッチ。

頭から波しぶきを被りながら…


あまりにも気配が無いせいで真ん中の釣り人2名が波がぶつける西側へ移動。

空いたスペースにM浦さんが入るとしばらくしてまた良型クロダイをキャッチ。

流石です。


その脇のスペースを勧められて入るや否や私も44.5cmのクロダイをキャッチ。

乗っ込みクロダイの割にはかなりの引き。

ドラグはそれ程キツくはしていませんでしたがギュルギュル引き出される。

しかし普段のテトラの上での釣りと違って近くに障害物が無いので余裕のヤリトリ

というか竿をタメていれば勝手に浮いてくるんですが。


直後にM浦さんがダメ押しの50cmクロダイ


最後に父がアイゴを釣ってオチ。


今回の釣果

クロダイ×1(44.5cm)
スポンサーサイト
  1. 2016/04/08(金) 22:21:08|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Production I.G | ホーム | 大沢悠里のゆうゆうワイド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/3493-faf4cd47