臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

クーラーボックスとか

自宅のプリンタの調子が悪い。


釣具のブンブンで新井式回転式福引機18回全部ハズレ(10円割引券)を引く。

これには目の前の店員さんも苦笑い。

ちなみに父は1回で7等(雑貨)を引く。

先日のクロダイで運を使い切ったか。


クーラーボックスを新調。

6面真空という高性能なやつ。

今までのモノに比べて値段で10倍ぐらい。父と折半。

これで次回以降は魚をキンキンに冷やして保存できる。

ここ数回は若干冷却に失敗していましたが、原因は父がクーラーボックスを椅子代わりに座ってヒビが入ったせい。

保冷能力が著しく低下したというか、タダの箱でしかなかった。


LBリールのラインを巻き替え。

TOURNAMENTについては替えスプールに5号が巻いてありますがいつ使うんでしょうね。

とりあえずいつも通り2.5号を巻く。

ダイワ製品の下糸を巻く量が未だに分からん。


BB-X DESPINAにも替えスプールがありますがそちらは3号が巻いてありますが

出番がありそうで無い。

今後は意識して使うようにしましょう。

で、今まで2号を巻いていたスプールには満を持して

磯スペシャル ゴルディッシュ1.75号

今まで2号未満の道糸を巻いたことが無かったので異常な細さ。

貧乏人臥龍さんは下糸を多めに巻いてラインをケチって使っているんですが

下糸が巻いてあるのにうっかり150mキッチリ巻いてしまった。

しかもスプールにぴったり。


今までリールのスペックについてはかなり無頓着だったので少し勉強してみました。

TOURNAMENT ISO 3000SH-LBD

LBはそのままレバーブレーキで

Dは(フロント)ドラグ

SHってなんぞ?と思って調べたらスーパーハイギアのことらしい。

こんなことも知らないでトーナメント使っていたのか…


BB-X DESPINA P3000D

デスピナ自体はシマノのBB-Xシリーズではミドルクラスとしてラインナップされていますが

P3000Dってもう廃番っぽいですね。

Dはドラグとして

Pって何?

現在ラインナップされているのは大抵Cばっかりなんですが

と思って調べたら

パワータイプのことらしい。

ちなみにCはコンパクトタイプ。


さて、ウキフカセの上級者は9割方細糸を好む傾向にあるので

思い切って細い糸を巻いてみましたが

実はクロダイ釣りでは一般的というか、特に細くもなんともない。

1.5号とか使う人もザラにいるので、細糸というと1号とかそのレベルの話なんでしょうけど

足下のテトラ際以外では食ってこないクロダイの年無しサイズを強引に獲るには今までどうしても2.5号が必要でしたが

「強引」じゃない獲り方であれば何とかなるんじゃないか。

というのも、先日の49cmのクロダイが一瞬沖に向かって走ったのは、竿を後方に倒したときっぽかったので

もしかしたら竿捌き次第では沖目で浮かせられるんじゃないか、という課題が見つかったため。


ロッドがTOURNAMENT ISO T2-52とかいう豪竿を使っている限り

適合ハリスの下限が2号とかなので、いろいろと不便なんですよね。

無視して1.5号とか使ってますが。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 18:55:38|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<9月20日 | ホーム | CORE PRIDE(UVERworld)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/3626-14a03765