臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

ジャパンフィッシングショー2017

「フィッシングショー」になって初めて行ってきました。

昔は「国際釣り博」だった頃は何度か行ってましたね。

幕張とかビッグサイトとか幕張とか。


いつから「フィッシングショー」になったのか覚えてませんが

最後に行った釣り博から起算すると相当久しぶりですね。

少なくとも社会人になってからは初。

大学生の頃も行って無いんじゃないかな?

もはやよく覚えていません。


パシフィコ横浜。

私の記憶が確かならば人生3回目。

1回目が2007年のAice5の1stライブツアー

2回目が2008年のDreamPort

行き方を全然覚えていない。


検索したら金町から明治神宮前乗り換えでみなとみらいまで行ける。

全く記憶にない。

きっと当時は大学までの定期を使ってできるだけ安上がりなルートで行ったと思われ。


前日にキャスティングで前売り券を購入しておいたので入場口をスムーズに通過。

というか、会場してから1時間ぐらい経過してからの到着なのでスムーズなんですね。


今回の目当ては久保野さん猪熊さんのトークショー。

自分ががま磯ユーザーになったから、というより、猪熊さんの釣り理論をもっと研究したいので。


その他にも鵜澤さんと田中貴さんのトークショーとか。

鬼才とエドさんのトークショーとか。


各ブースのタイムスケジュールはiPhoneですぐに確認できるあたり

昔と違って効率よく巡回できるので改めて便利になったなぁ、と。


とりあえず到着してすぐは目ぼしいイベントが無いので

サンラインのブースでラインの結節強度測定。

8lbラインをスナップに結んで、機械にセットして糸とスナップを引っ張って破断する負荷の大きさを計測。

私の前に並んでいる人たちは大概2kgちょいぐらいで切れていましたが(一人だけ3kgちょいの人もいましたが)

私の記録は3.40kg

サンラインのスタッフも少し驚いてました。

充分強い結束ができているとのこと。

ちなみに同行した父も3kgちょい。


がまかつブースで新作ロッドの試し振りとして大型尾長の引きを再現できる機械にラインをセットして

実際に竿で引きを体感できるコーナーがあったんですが

ちょうど訪れたタイミングでMCをしていたのが横井公一さん。

私が際釣りの主力として愛用している釣研のオペレートを監修した人です。

超シブいダンディー。

残念ながら私の番まで回らずタイムアップ。


久保野さん猪熊さん南さんによるトークショー。

ファルシオンと黒冴の開発エピソード

最近の磯竿の開発コンセプトは「振り込みは先調子、取り込みは胴調子」みたいな感じ。


がまかつブースで最前列に女子中学生?と思しき若い女の子3人組が陣取っていたので

最近の磯釣りは若い人が少ないと言われているけど、若い、しかも女の子がいるのか。

こ、これが世にいう釣りガールという奴の中でも激レアな磯釣り女子か!?

とかちょっと感激したんですが

開演前に配られるくじ引き抽選権を貰うや次のブースの抽選券を貰いにどこかへ行ってしまった。

なんだ、猪熊ファンじゃなかったのか。

ちなみにがまかつのプレゼント抽選はハズレました。


ダイワのミニイベントブース

グレマスターズ5勝の若手ホープ田中貴とその師匠である磯釣り界のレジェンド鵜澤政則トークショー。

テーマは最近の競技会事情について。表向きは。

正しくは、NEW TOURNAMENT ISO AGSとNEW TORUNAMENT ISO競技AGSの宣伝。

直前に磯竿の展示コーナーで軽く振ってみたんですが

私が持っているTOURNAMENT ISO SMTに比べて柔らかいなぁ、とは思っていましたが

コンセプトは掛けるまではシャープに、掛けてからは胴に乗せて獲る竿。

がまかつで聴いた話と全く同じですね。

スクリューシートにセパレートグリップ、奇しくもがまかつと同じような形状に収束しつつあります。

デザインについてはTOURNAMENTの方がカッコいいかな、と思います。


鵜澤「若い人、特に独身の人は赤い糸を使いましょう。私のような50過ぎは見えやすい黄色い糸を使いましょう。赤い糸なんて使ったってどうせカーチャンしかいないんだから」

「若い人」のときは私を見ながら

「50過ぎ」のときは隣の父を見ながら話されていました。

50過ぎには違いないですが、父は今年70になりますね。


トークショーのラストのジャンケン大会で磯用ハリスをゲット。

入場券より高いんじゃね?


釣りビジョンで伝心伝承の松田稔とOh!エド釣り日記のエド山口のトークショー。

エド(モニターに映る自分を見ながら)「髪は弟より若いな」で掴みはOK。

エドさん今年で69歳らしい。若いなぁ。


松田の心象としては、グレ釣りはベラボウに上手いけど口の悪さが致命的なおっかない矢沢永吉

って感じでしたが、実物を見ると小さいおじいちゃんですね。

今年で71歳だそうです。


エド「師匠!師匠は髪の毛も元気ですね!」

と言いながら松田の頭を撫でまわすエドさん。すごいなぁ。

鬼才の頭をまるで猿でも愛でるかのように撫でまわすなんてエドさんじゃなきゃできないよ。


鬼才「釣り辞めたくてもコレ(がまかつ)とアレ(サンライン)がやめさせてくれん」


鬼才「釣り具メーカーのギャラなんてショボい」
エド「そうなんですよ!」
鬼才「俺だけは別だけどな」


鬼才「サンラインの糸は世界一強い」
エド(バリバス)「僕ももうちょっと早く知っていればなぁ」


やはりエドさんの喋りは面白い。

しかし鬼才とセットになるとさらに面白い。


マルキユーのブースで久保野さんと塩田さんのトークショー。

さらに大塚さんのトークショー。

見た目ヤ9ざにしか見えませんが、すげぇ面白い。


いろいろ勉強になった。1日でした。

ああ、早く釣りに行きたい。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/22(日) 00:01:06|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<尺アジ | ホーム | 荒鷲>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/3700-9f456a72