FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

院試1日目(学科)終了

私の周りの人は周知のことかと思いますが

私は根っからの無神論者でして

神様なんてのは弱者の幻想とかファンタジーの中の登場人物であって

そんなものは存在しないのだと。

日ごろからこのだらしない口元からダラダラ漏れている訳ですが。

宗教に関しても法事のときや墓参りなんかのときに、故人を偲ぶという目的を与えるということでその存在価値は認めますが

本当に仏様が存在しているとは思っていないわけです。

あくまでも全宇宙を支配しているのは普遍的な物理法則なのです。

で何が言いたいかと申しますとね

昨夜の臥龍さんはまさに弱者の心境。

今にも発狂しそうでしたね。

そんなときはK-1でも見て気を紛らわせるに限りますね。

そしてさっさと寝る。

JUNK始まる前に寝ちゃったし。

ついでに普段は信じない神様に頼ってみようかと。

ということで今回頼りにした神様はこちら。




長門大明神





アラーのごとき存在である情報統合思念体は地球人類レベルの知能ではその概念すら把握できないそうなので

ムハンマドよろしく預言者的立場の長門有希を偶像崇拝の対象にしました。

何か教科書の表紙と色合いもマッチしてます。


というわけでコレを読んでいる限り完全にナメてかかってるとしか思えない臥龍さんですが

マジで結構テンパってました。

手応えも微妙。

まあ受験者も少ないようだし、きっと受かってることを信じてとりあえず12日までは平穏に過ごせそうです…




ああ、明日は2次の面接でしたね。すっかり終わった気でいました。




というか研究室の方から20日に新潟大学で行う発表の予稿〆日が7日とかいうメールががが


まだ何もしてませんが?





今日の「続きを読む」は臥龍さんの失敗反省会です。
えー、反省すべき点は山のようにたくさんあってどれから反省していいのやら分かりませんが

それ以前に大問題が。


試験直前に私の脳がハッキングされました。



ねこにゃんダンス1


ぺーろりぺーろりぺろりぺろーり


ねこにゃんダンス2


こーすりこーすりこすりこすーり


ねこにゃんダンス3


ぺーろりぺーろりぺろりぺろーり(←ディラン効果特有の症状)


ねこにゃんダンス4




ねこにゃんダンス!!











ウザっ!!!!









大丈夫、試験が始まったらちゃんと集中して鎮めましたから。


というわけで以下反省会。


1科目目:専門科目(線形代数、微分積分、電磁気学、電気回路)

時間:9:30~12:00



Ⅰ 線形代数

過去問を見る限り、どうやら行列の対角化ができればよさそう

という予想のもと、2ヶ月ほど前に

固有値の算出→固有ベクトルの算出→変換行列とその逆行列の算出→対角化

の一連の流れはやっておいたのですが

しかし一箇所良く理解できずに流してしまったところが…一抹の不安。

で、見事的中。

予想と不安が。

固有値を求める際にベクトルの代数的重複度が2。

つまり重根から2つの固有ベクトルを求めなければいけないわけですが。

えーっと、2つめの固有ベクトルってどうやって求めるんだっけ…忘れたorz

というわけで固有ベクトルが2つしか求まらず変換行列Pが求まりませんでした。

よって対角化できず。

うへぇ、こんな基礎で躓くとは…


Ⅱ 線形代数

①直交座標中の点A、B、C、Dのそれぞれの座標が与えられています。

 点AからB、C、D点各点へのベクトルabcを求めよ。


ん?高校数学?

というわけで、それぞれ求めてみます。

②ベクトルabcが3辺をなす6面体の体積を求めよ。

ああ、体積ね。

えーっと、


平行6面体の体積の算出.exeを実行…


「平行6面体の体積の算出.exe はファイルが破損しています。」


忘れたぁ…orz


ということで記憶の断片を回収、捏造再構築してみましょう。

1.3つのベクトルに関して内積と外積を1回ずつ使用したはず。
2.3つのベクトルの順番は関係無かった…はず。
3.答えがスカラーにならなければいけないので、演算の順序は外積→内積だったはず。

ということで何とか乗り切る。


Ⅲ 微分方程式

① dy/dx=(x-y)/(x+y)を解け。

ああ、これはy/x=uと変数変換するアレか…

あ、分母が2次関数だ…解き方忘れた。もうムリぽ。

② 問題ごと忘れた。



Ⅳ 多重積分

① 三次元直交座標中の

  x^2+y^2≦1 の無限円筒中から 0≦z≦x で切り取られる図形を図示せよ。

② その体積を求めよ。

えー、後でS本君に聞いたところボロボロに間違ってました。

一回1年からやり直したほうがいいですかね?



Ⅴ 電磁気学(電気)

3次元直交座標中のy-z平面上に半径aのコイルが存在し、電荷Qが与えられている。

①コイルの単位長さあたりに含まれる電荷を求めなさい。

②コイルの微小長ΔLに含まれる電荷を求めなさい。

③ΔLに含まれる電荷が点P(x,0,0)に作る電位を求めなさい。

④コイル全体が点Pに作る電位を求めなさい。

⑤コイル全体が点Pに作る電界の大きさと向きを求めなさい。

ということでした。

①と②は見た瞬間に解けますけど

③と④ってやったっけ? 全く覚えてません。

恐らく④が解けると

E=-∇V

を使って⑤が解けるという誘導なんだろうという想像はできましたが

練習問題では大概V(x,y,z)が与えられていたので分かりません。

ということで③と④をでたらめにも程があるくらいの捏造で逃げる。

なんとなくどうにかこうにか積分すれば解けそうな気もしなくもなかったんですけど…気力もありませんでした。

で、⑤はΔLに含まれる電荷を点電荷とみなし

E=Q*ar/(4*π*ε0*r^2)

を用いましてx軸を円筒座標系のz軸と見なしてφで積分。

Q=ρL=①の答え を代入、更に方向を考えると電界の大きさは

E=Q*cos(atan(a/x))/(4aπε0r^2) となり

方向は対称性からaz

となりましたとさ。

後でT口と話したら全く同じ考え方したそうな。

cos(atan(a/x))については言及しませんでしたが。


Ⅴ 電磁気学(磁気?)

一様な磁束密度B中を面積Sのコイル(N回巻き)が回転している。(回転数忘れた)

①このコイルに生じる起電力Vを求めよ。

②問題ごと忘れた。

えー、回転機は綺麗さっぱり忘れました。

磁束の時間変化量に依存するんでしたっけ?わかりません。


Ⅵ 電気回路 (交流)

ある交流電源回路に対し、2つの素子が並列に繋がれている。

v(t)=忘れた
i(t)=忘れた

のとき、

①複素数(jω)を解析して電源側から見た回路全体のアドミタンスを求めよ。

②各素子にはR、L、Cのいずれかが一つずつ入るとすると、どのような組み合わせか。また各素子値を求めよ。

与えられたv(t)、i(t)を忘れたので反省のしようがないんですが、

とりあえずjωからは導き出してない…というか意味がわからんかった。


Ⅶ 電気回路 (直流)

直流電源(10V)の先にスイッチと抵抗(1Ω)が直列に接続され、更にその先にコイル(2H)と抵抗(3Ω)が並列に接続されている。

t<0においてスイッチはonしている。

t≧0でスイッチをoffにする。

①t≧0におけるコイルを流れる電流i(t)を求めよ。

②t≧0における抵抗(3Ω)にかかる電圧v(t)を求めよ。

③0≦t≦∞において抵抗が消費するエネルギーを求めよ。

①について

t<0ではコイルが短絡した状態で定常状態なのでi(0)=10[A]

t≧0でスイッチがoffされるので回路はコイル(2H)と抵抗(3Ω)のみの回路になる。

よって

L*di(t)/dt+R*i(t)=0

ゆえに

i(t)=A*exp{-R*t/L} A:const

となる。

i(0)=10[A]なので

i(0)=A=10[A]

よって

i(t)=10*exp{-3*t/2}

②について

v(t)=R*i(t)

より

v(t)=30*exp{-3*t/2}

③について

w=∫(t1=0,t2=∞)v(t)*i(t) dt

より

w=100[J]

以上完答。



2科目目:外国語(英語)

時間 13:30~15:00

大問1は真空管に関する文章。

電球が光る仕組みとか。

フレミングダイオードの話とか。

ほぼ完答できたかと。

大問2はよくわからん実験の話。

要約すると恐らく発泡スチロールと新聞紙の断熱作用の話だった希ガス…よく分かりませんでした。



以上です。

いちいち全部読む人はいないと思いますけど

受かってればいいなー。
スポンサーサイト



  1. 2006/09/06(水) 00:48:03|
  2. 学問|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<がんばれ!ローニン!/國府田マリ子 | ホーム | 既にあきらめムード>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/389-13a9c12e

磁束密度磁束密度(じそくみつど、magnetic flux density)とは、文字通り磁束の単位面積当たりの面密度のことであるが、単に磁場と呼ばれることも多い。記号 ''B'' で表され、透磁率 μ と磁場|磁場の強さ ''H'' の積である。磁場はベクトルであるので、磁束密度もまたベク
  1. 2007/10/08(月) 21:24:20 |
  2. 電磁気学・磁気関連についてのWEB