FC2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

2018年初釣り

1月6日、朝から真北の風が8mとかいう予報にも

まあ、どうにかなるでしょ。

とコレを黙殺。

予報見る意味がまるでない。


2時起床。

ベッドの中で堀江由衣の天使のたまごを聴きながら意識を覚醒させて

2時半から支度。

3時10分出発。


和田港に到着したのは5時半ぐらい?

日の出前には釣り開始。


今回のコマセ

ナンバー湾チヌⅡ
チヌパワー徳用2倍
メガミックスチヌ
オキアミ3kg×2

一度に全部コマセを作ろうとすると混ぜムラができやすいのと

クッソ重いバッカンを持って不安定なテトラの上を移動するのが危険なので

前半後半で半分ずつ作る。

コマセの攪拌にはまずはダイソーで購入した園芸用の熊手を使ってみる。

今回はいつもとは逆に先にバッカンの中で粉を混ぜ、その後にオキアミを投入してみましたが

粉だけの攪拌ではまあまあ、ちょっと爪が細いので中々粉が混ざりにくいかな?

逆にオキアミを投入したあとは爪の間隔が広いものを買ったつもりでしたが

結構爪と爪の間をコマセが通り抜けないので、、これもまた混ざりにくい。

で、満を持してシマノのワンピースコマセミキサーXを使用してみると

もうね、誰これ開発したの?天才かよ。

こんなに使いやすいとは思わなかった。

値段だけの価値は充分あるわ。


今回のタックル

ロッド:INTESSA G-V 1.25号5m
リール:12TOURNAMENT ISO 3000SHLBD
ライン:G-SOUL OHDRAGON WX4F-1 SS140 0.6号
ショックリーダー:磯スペシャル テクニシャン3号
ハリス:シーガーグランドマックスFX2号
ハリ:掛かりすぎ口太5~7号他


いよいよPEフカセのリベンジ。

PEにおける最大の敵は風。

とはいえ北風であればフォローになるのでそこまで苦にならないはず。

と言いつつ毎度若干真北からズレているのでナナメの風になって釣り難いんですけど…


ビックリするぐらい無風。

まあ朝夕のマヅメ時というのは陸風の海風の入れ替わりのタイミングで一瞬凪ぐ瞬間があるので

時期に北風の爆風が吹き荒れるだろうな…

と、その時は思っていたんですが

予報では夕方に弱い南風が吹くというのはその通りになったんですが

北風については1日通して一切無風。

防寒着着ていると暑いぐらい。

どうでも良いけど「あつい」で変換掛けるとι(´Д`υ)アツィーが変換候補に出てくるのね。


いつもの旧仁我浦港船道に釣り座を構えるも何か様子が変。

南岸低気圧の影響でしょうか?ウネリが結構大きい。

そして波の向きがいつもの斜め左からの押し付ける向きではなく

ほぼ正面からの波。

仕掛けを流してみて更に違和感。

いつもなら左から右へのかっ飛ぶような潮の流れが一切無い。

上潮は押し寄せる波の通りに手前に押し付けてくる。

そして下潮はいつもなら沖へ払い出すところが全く動いてない。

うん。

いつもとかなり状況が違う。


いつもと状況が同じなのはそこがフグ地獄である点。

辛うじて最初に手の平サイズの口太を上げるもその後はフグフグフグ…

もうね、アホかと思うぐらいフグの海。

房総以外の地域であまり釣りをしないので比較できませんが

きっと日本一フグが多い海域なんじゃないかと思うぐらいフグばかり。

フグといえば磯釣りにおいては代表的なエサ取りとして扱われますが

フグ調理ができる釣り人だと大切に持ち帰って食べる人もいるそうですね。

確かにトラフグでなくてもフグ料理としてこのサイズのフグの天ぷらとかありますね。

普段クサフグを釣っては無言でリリースを繰り返している身としては逆転の発想。

但し、マネするにはハードルが高すぎる。


この日、問題だったのはフグだけではなくて

例の正面からのウネリ。

足元のテトラがちょいちょい洗われるのでブーツではないハイパーVソールの靴が中までびしょびしょ。

靴下までぐっしょり。

3回目の浸水を許した時点で堤防先端への転戦を決意。

道具を引き上げた直後、さっきまで自分が立っていた場所は波しぶきの中。

もうちょっと引き上げるのが遅かったら全身ずぶ濡れでした。

ちなみにバッカンの中のコマセは下痢みたいになっています。

半分ずつ作ろうと思って粉を余らせておいて良かった。


移動するにも荷物をできるだけコンパクトにまとめたいので

ここで残りのコマセを全部バッカンに投入。

くっそ重い。

というか

この配合の粘りが強すぎ。

次回からこの組み合わせは止めよう。


堤防先端に移動したのが10時ぐらいかな?

タックルは移動に伴い一度畳んでいますが同じタックルを組む。


今回はいつものウキフカセタックルと1点違うのは

ウキを中通しウキに釣研昼夜アダプターを装着してカン付ウキにして使用している点。

これによりラインを切らずにウキを交換できる。

まあ、ショックリーダー部分に通しているとはいえ、10m程度あるのでショックリーダーが短くなって困る、という程のことは無いんですが

単純にウキを交換する頻度が高いので時短という意味で重宝します。

というか、前回和田釣行時にも昼夜アダプターを使用しているんですが

その際にケミホタルを装着するトップ部分が折れてしまい

只の棒になってしまったんですが

この元昼夜アダプターの棒にフカセからまん棒用のマーカーゴムLサイズを半分に切って取り付けて

ウキを上下で挟み込むように固定すると

アラなんと

更にウキの交換が簡単に!

これが臥龍考案の「昼夜アダプター改」

マーカーゴムには蓄光ゴムを使用すると夜間でもぼんやり光ります。

光りますが、ウキとして使えるかと言われれば…多分視力が来日時のサンコンさんぐらいあれば使えるかな。


エイジアLCマスターピース07を装着して沈めていくと

根掛かり。

そーっと引っ張ると根掛かりが外れた。

ウキとトップのマーカーゴムが無い。

どうやらウキが海藻に引っかかり、その部分だけを海中にロストした模様。

これはそもそもぼけーっと仕掛けを流していた私の不注意が招いた失敗なので

昼夜アダプター改が悪い、という訳では無い。

むしろこれが通常の昼夜アダプターで使用していたら仕掛け丸ごとロストしていた可能性大。

今回は根掛かりしたにも関わらずハリまで回収できてる訳ですからね。

全く問題ない。

エイジアLCマスターピース07をロストしたのは結構痛いですが…


その後、PEライン特有の何でもない箇所でグチャっと絡まってコブになる現象が起きたモノの

帰ってからこの部分まで切断して捨てればいいか、と思って継続して釣りをしていたところ

久しぶりのアタリにすかさずアワセを入れたらパンっと渇いた音とともにコブの部分でラインブレイク。

GT EX-R 00号と共に昼夜アダプター改もロスト。

っていうか、この日1日でウキのダメージが4000円近いんですが…


ショックリーダーが丸ごと無くなってしまったのでタックルを全部スイッチ。

ロッド:BφRDERLESS BB 495M-T
リール:BB-X DESPINA P3000D
ライン:G-SOUL OHDRAGON WX4F-1 SS140 0.8号
ショックリーダー:磯スペシャル テクニシャン3号
ハリス:トルネード松田スペシャル ブラックストリーム1.75号

ラインが0.6号と0.8号で特別使い勝手の違いを感じなかったけど

これが風が強くなると違くなってくるんですかね?

あと巻き替えでラインマーキーを使っているんですが

0.6号の時は上手くできなかったんですよね。

その分ラインにヨリが入ってしまったのがコブができてしまった原因でしょうね。

ちなみに上記のタックルでも根掛かりしましたが

FGノットよりもハリスとTGパワーノットサルカンの結び目で切れたので

かなりFGノットの精度が上がったのかなと。


その後、夕方まで何事もなく。


今回の釣果

口太×2
フグ×いっぱい

ちなみに同行した父は木っ端口太やフグを除くとカイズ3枚(最大29cm)


大敗ですな。


こんな釣果じゃ年明けの挨拶できませんね。

というか、1月中はもう釣りに行く予定が無いので年明けの挨拶自体できなさそうな感じ。

まあ、例年でたらめな時期に言ってますけどね。
スポンサーサイト



  1. 2018/01/07(日) 23:59:59|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ドロップスターズ | ホーム | バケットマウス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/3914-fecbe29d