fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

キザクラ

釣りのウキに関しては圧倒的な釣研信者の臥龍さんですが

過日、キャスティング錦糸町にて処分品セール?で安くなっていた

キザクラのD-Flatz74 P-03

を購入。


富津と若洲で試してみましたが

なかなか良い感じの浮力。

ノーガンでジワジワシモって行く感じ。

若洲で使うにはちょっと沈みすぎな感じもありましたが

竿1本程度の水深があるなら全然使える感触。


キザクラといえば今まで購入したウキの尽くが

余浮力が大き過ぎて表記負荷の数倍のガン玉を背負ってもプカプカ浮いていて

まるで釣れる気がしなかったんですが

このD-Flatzシリーズに使われているPから始まる浮力表記

かなりシビアに浮力管理をしているらしく

またP-03に至ってはマイナス浮力として設定されているので風や2枚潮対策にうってつけ。

従来表記にも000号というマイナス浮力の設定がありましたが

浮力管理幅が広いのでその他のウキと逆に沈むのが速過ぎる問題がありましたが

P-03は結構使えるんじゃないでしょうか。


釣研で同じような仕様だとトーナメントグレードのラインナップに採用されているSSAがありますが

こちらは浮力管理幅が極めて狭いので信頼度は抜群なんですけど

いかんせん高価。

高切れなんてしようものなら即ブルー入りますね。


今回のD-Flatz74 P-03は処分品ということもあって

釣研トーナメントグレードの1/3の値段だったのでかなりお買い得でした。


まあ、若洲では不発でしたが。


今週末は富津で憂さ晴らし。

D-Flatzでテトラの際ギリギリを攻めてみようと思います。

高価なウキだと怖くて出来ないので。
スポンサーサイト



  1. 2018/11/06(火) 10:16:57|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ウキ紹介 | ホーム | 禁書目録Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4131-cff43f26