fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

2022年富津第6ラウンド

昨日は台風のうねりだけが心配でしたが杞憂でした。

天気良し、気温は少し暑いが猛暑にはほど遠く、風は北寄りの微風、潮はやや澄み気味、波はベタ凪、流れは無いことは無いが小潮のため緩い

絶好の釣り日和。

という訳でおニューのタックル携えて行ってきました。

オキアミが溶けるまで先ずはちょい投げから。

今回のちょい投げタックル
竿:BΦRDERLESS BB 495 MT
リール:D-smarts 2003PE-SH

ちょい投げ釣果
シロギス×4(最大23cm)
クサフグ×1

富津でこのサイズが釣れたのは久しぶり。

多分自己記録タイ。

浚渫の効果なんでしょうか?

以前と少しポイントがズレたというか広くなった。

続いてウキフカセ

今回のコマセメニュー
チヌパワー徳用2倍
爆寄せチヌ
チヌパワーV10白チヌ
ニュー活きさなぎミンチ激荒
オキアミ3kg

今回のタックル
竿:スーパープレシードロングスペシャル1号5.8m
リール:銀狼LBQD
ライン:ファステックPE0.6号
ウキ:ファステックPE2n 00号、剛黒B、XライナーロングレンジG2、電輝円錐B

夕方暗くなる前に
竿:ツインパワーXT47-53
リール:BB-XデスピナP3000D
にスイッチ

今回の釣果
カイズ×5(最大25cm程度)
小口太×10ぐらい(最大27cm)
クサフグ×2
ゴンズイ×1

おニュータックルのインプレ
まず銀狼LBQDから。
1投目で口太を掛けた瞬間、ドラグがギュルルルルと鳴って焦る。
ドラグノブ半回転でドラグが緩い→効き始めるまで調整可能というのがLBQDのウリですが
それでも体感で1秒程度やり取りが遅れる。
今回もそのタイムラグで2回程根に入られて獲れなかった。
慣れればもうチョイ早くなるかも知れないけど、大物が掛かった時にどこまで対応できるかは疑問。
確かにPE合わせ切れは起きなかった。ショックリーダーを噛ませていないにもかかわらず。

スーパープレシードロングスペシャル1号5.8m
まずね、1号って竿を久々に持った。軽い。
そして5.8mあるとライン操作が楽ちん。
ただ残念ながらこの釣り場では不向き。
何故なら足下のテトラ際で魚を掛けるので、超接近戦なんですね。どこまでも曲がり込むしなやかさが仇となってテトラの隙間に逃げ込む魚を止められない。
やはりこの釣り場は強い竿と太い糸のパワータックルで力で捻じ伏せるしか無いのだな、と改めて痛感。
柔い竿での釣りは舐めプ。

さて、随分と金を掛けてしまったこのおニュータックル。
使い所は考えないといけない。

理想は足元からストンと落ち込む堤防での釣りですが

房総には殆ど無いんですよね、そんな釣り場。

あとは海釣り施設とか?

今後横浜方面開拓するか。

コマセのルール問い合わせないとウキフカセやって良いのか分からんが。

今回の教訓
潮が緩いとフグが湧く。
フグがうるさいときはコーンに限る。
スポンサーサイト



  1. 2022/09/04(日) 09:37:15|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<イトーヨーカドー金町店 | ホーム | ニッポンの朝が見える>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4418-9da7d2ce