fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

磯竿2号のすゝめ

先日「磯投げ情報」でお馴染みO野Hロム氏がTwitterにて

新しく磯竿を買おうとしている人が2号にしようか迷っているところに

「2号の磯竿なんて滅多に出番無いんだからその分釣りに行きなさい」

なるアドバイスをしていましたが

2号の磯竿って普通出番無いの?

このブログを読んでる人ならお分かりかと思いますが

私の場合、ウキフカセでは先発スタメンがインテッサG5の2号です。

控えがトーナメントイソの2号です。

何故2号なのか。

以前にも書いたような気もしますが

私のホームグランドはだだっ広い砂浜の中に築かれた漁港のテトラ帯になるので

テトラの際でしか魚が食わないんですね。

それを知らない全身がまかつでキメたオッサンが払い出す潮に乗せて釣りをしてボウズ食らってるのも見ましたし

私自身も仕掛けがテトラ際から離れると魚が食わないのは体感しているところです。

つまり、沖で掛けて弱らせてから寄せるというセオリーが通用しないのが我がホームグランドなんですね。

何が言いたいかというと

足元の至近距離で掛けた瞬間テトラに突っ込まれる訳です。

強いタックルでないと魚が止まらない訳です。

と言う訳で竿は2号、リールはダイワなら3000番、ハリスは細くても1.5号、通常は2号、そんなタックルバランスになる訳です。

あ、因みに主眼はチヌ釣りです。

全ては推定ロクマルをバラした経験から得た知見です。

とまあ、こんな特殊な環境で釣りしているせいか他で応用が効かないんだろうなぁ、とは思います。

でも良いんです。

「東京湾で」「クロダイの」「ロクマルを」釣ることに意味があると思っているので。

で、問題は

先日買ったスーパープレシードロングスペシャルと銀狼LBQDの出番が無いことですね…

磯子で使おうかな、とか思っているんですが

よくよく調べてみると磯子も手前はテトラが沈んでいて

そのテトラ際が好ポイントらしいんですよね。

さ、サビキ釣りで使う?
スポンサーサイト



  1. 2022/09/19(月) 16:54:45|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<fc2ブログ | ホーム | 2022年富津第7ラウンド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4425-0671e67f