fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

バッカン問題

2〜3年前からずーっと抱えている問題

50cmバッカン売ってない問題。

あ、釣りしない人向けに説明すると、バッカンって撒き餌を入れるためのEVA(エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)で出来た箱です。

ネットで調べると「スーパーの買い物カゴの様な直方体」って書いてある。

言い得て妙だ。

で、そのバッカンが前々から劣化してひび割れてきていたのを「もう限界だ」と言いつつ補修用テープを貼り付けて騙し騙し使っていたんですが

先日の釣行でついに補修用テープを貼った直ぐ傍がひび割れて裂けてしまい

この状態でコマセを入れて取っ手を持って持ち上げようものなら

底が抜けるというか

ハンドルと口の淵だけが持ち上がってバッカンの大部分が落ちること間違いない状態にまでなってしまいました。


前々から探してはいるんです。

50cmバッカン。

横の長さが50cmの大型バッカン。

全然売ってない。

シマノやダイワなど釣具メーカーのHPを調べても

そもそももう現在は使ってない。


実は以前、釣研のバッカンを購入はしています。

40cmバッカン。

競技会などのルールで規定されている使用可能なバッカンのサイズが40cm。

つまり一般的なサイズ。

40cmのバッカンがあればいいじゃん。

そう思う方もいらっしゃるでしょう。

しかしそうも行かないのが臥龍家。というか私だけなんですけど


一般的にフカセをやる人というのは

釣り場の近くの釣り餌屋さんや、利用する渡船屋さんに予めオキアミの解凍を予約しておいて

店に備え付けの「フネ」と呼ばれる箱(一般の人が想像しやすいのは、工事現場で左官屋さんがモルタルを練ってるプラスチック製の浅い箱がまさにコレ)の中にエサを入れて

雪掻き用の大型スコップで混ぜてバッカンに移し替える

という工程が普通だと思うのですが


臥龍家がいつも買う餌屋さんは

江戸川区の餌島商店という店で

都区内では1番安いんじゃないかな?

オキアミ1000円/3kg

他のキャスティングなんかだと倍近くするでしょ。

なもんでいつも餌島でエサを買うんですが

ココ、オキアミの解凍予約やってない(多分)

あと、フネも無い。

故に、だから、いつも釣り場に着いたらまず最初にする作業というのが

オキアミを袋のままスカリ(デッカい魚籠)にいれて海に放り込んで解凍するというもの。

ちなみに解凍まで約2時間かかるので、その間遊ぶために毎回アオイソメを購入してチョイ投げで遊ぶことになっています。


と、まあそんな事情があってコマセを混ぜるのが釣り場になる訳です。

勿論フネなんて持ってないのでバッカンの中で混ぜる訳ですが

毎回水抜きで15kgぐらい混ぜるので

どうしても大型のバッカンが必要なんですね。

普通のバッカンだと混ぜようとしたら溢れてしまうので。


しかし売ってないモノはしょうがない。

何か別のもので代用することも考えました。

ライブウェルとか。

ライブウェルって何かっていうと

釣った魚を生かしておくための箱。

パッと見はバッカンと大差ないです。

ただ大きな違いは、中蓋の有無。

ライブウェルには中蓋がある。

コマセバッカンとして使うには超絶邪魔。

かと言って引きちぎる訳にもいかない。


という訳で今に至るまで50cmバッカンの代わりが無い訳ですが。

もうね、腹括って今ある40cmバッカンで勝負するしか無いね。

エサの量を減らすか。

運搬する際には目一杯詰め込んで

エサを作る時は午前午後に分けて作るとか。

うむ、それしか無い。

本当は粉や麦が水を吸って馴染むまでの時間を考えると最初に全部作ってしまいたいところではありますが

背に腹はかえられぬ。


運搬可能な量も変わってくるので、やはり絶対量は減らさざるを得ないか。

次回釣行、何を使おうかね?
スポンサーサイト



  1. 2023/12/02(土) 14:38:23|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< | ホーム | 掛け算順序問題>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4689-d624f83c