fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

フカセ釣り上達論2

今年は去年に比べて少しは釣りが上手くなったような気がする。

何を気をつけるようになったか列挙してみる。


1.コマセの配合に意図を持たせる
クロダイの魚影が薄い東京湾においてクロダイを釣るのにコマセに必要な要素は
①集魚力
②拡散性
③足止め力
以上を意識してこんなコマセ作りをしてみました。
a.まずニュー活きさなぎミンチ激荒をほぐして付餌になるサナギの粒とコーンを選り分ける
b.オキアミ6kgをほぐして付餌になるオキアミを取り分ける
c.アミドリップ、チヌにこれだ、適量の海水を投入しよく攪拌する
d.グレパンを投入し攪拌、旨味エキスを良く吸わせる
e.チヌパワームギスペシャルを投入し攪拌
f.海水を足して硬さを調整する
以上の作り方のポイントとして
aとeは粒の大きな粒子を海底に溜めることによって足止めとする
bとcで高い集魚力を確保
dで拡散性を高めて遠い魚を引っ張ってくることを意図してコマセを作成しました。

2.釣りを始める前にコマセを大量に且つ広範囲に撒く
コマセを撒き始めてから実際に魚に効き始めるまでには結構なタイムラグがあるので、コマセを作ったらまず柄杓で50杯程撒く。それもより遠距離の魚にも餌に気付いてもらうために遠近広範囲に撒く。

3.ハリスは太く、どんな大物が来ても全力でファイトできるようにする
かつて鬼才は言いました。
「竿も糸も昔より随分強くなった。弱いのは釣り人の心だけだ」
道具はプロ仕様のモノを使っているので充分高性能ではあるんですが、いかんせん腕が足りない。そして私がメインフィールドにしている釣り座が
"足元の消波ブロック際の浅いところ(竿1本有るか無いか程度の水深)でしか喰わない"
という特殊な環境なので、掛けた瞬間フルパワーでインファイトするためにはどうしても太いハリスでないとメンタルで負ける。
という訳で以前はメインで1.5号ハリスを使っていましたが
今では3号ハリスがメインになりました。
釣り下手になってない?

4.ウキの浮力よりも大きな口ナマリを針上50cm以上のところに打つ
昔の釣りの格言に
「魚は縦糸を嫌う」
というものがありますが、現代の最新釣り理論においても
「ベストなハリスの角度は斜め45度、付餌先行」
と言われており、これは
コマセに誘われてきた魚は必ず潮下下方から付餌を食ってくるので、1番ハリスが見え難い角度だから
と説明されてきました。
しかしながらキングの異名でお馴染みの南康史氏によれば
「別にウキ先行でも構わない」
とのこと。
ウキが付餌を引っ張っても構わないと証言している。
どういうことか。
コレらの話を総合的に考慮すると
・ハリスの角度は縦よりも横の方が良い。
・ハリスの角度は斜め45度に拘らなくても水平でも構わない
→魚は付餌を食う瞬間に唇に触れるハリスを嫌がる
このような結論に至りました。
ので、ハリスを水平にしたいんですが、潮がビュンビュンにかっ飛んでいく本流釣りならまだしも地磯や堤防では望むべくもなく。
ではどうするか。
とにかく「ハリスを海底に這わせる。」
そのためにタナを細かく測るのも面倒というか潮の干満で直ぐにタナがズレてしまうことを想定して
・最初からウキの負荷以上のオモリを背負わせてウキを沈める
・口ナマリを支点にハリスを這わせる
・大型の魚が警戒しない充分な長さを這わせる
以上を志向すると
「針上50cm以上上にウキの負荷以上の口ナマリを打つ」
になるという訳です。
また副次的な効果としてハリスを海底に這わせるとハリスが見えなくなるのか太いハリスでも平気で魚が食ってくるということ。
上記3でハリスを太くすると食いが悪くなるのでは?という懸念が解消される効果も望めます。

5.竿は2号、5.3mがマスト
コレはもう10年ぐらい前から意識はしていたんですが、今年6月に昔使っていた1.5号の竿でナメプしたら正体不明のモンスターがヒットして成す術なくブチ切られた反省です。
消波ブロック際の接近戦では剛竿で力で制圧することを意識すること。柔い竿で曲がりを楽しむとか余裕ぶっこいてると痛い目を見る。

6.コーンを付餌に使用する
餌取りが煩い時の奥の手として激荒のコーンは超優秀。
それでも多少フグに噛まれたりはするがオキアミの数十倍はエサ持ちが良い。

7.潮止まりに集中する
常識で考えれば潮止まりは普通ノーチャンスなことが多く休憩時間に充てたりするが、私のメインフィールドでは潮が落ち着くタイミングで付餌も落ち着くのかアタリが頻発することが多い。
つまり、どんな時も気を抜いてはいけない。

8.日没前にコマセを撒き切る
コレは私のメインフィールド限定の話かもしれませんが、日が沈むとゴンズイ以外何も釣れない傾向が強く、正真正銘のノーチャンスになってしまうため、ラストチャンスにして最大のチャンスたる夕マヅメに賭けるためにその1時間前にはコマセの残量を意識して使い切るようにする。
コレまだ出来てないんよな。


ざっとこんな感じですかね。

来年はまた新しい課題を見つけて精進します。
スポンサーサイト



  1. 2023/12/16(土) 10:22:05|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キンスパ2024 | ホーム | フカセ釣り上達論>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4715-d82a1aca