fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

王様

最近YouTubeで村田基の動画をちょいちょい観てます。


昔から不思議だったんですが

よく船やボートから釣りをしている動画(テレビ含む)を観ていると

魚が掛かると竿を下に向けてリールを巻いてる人がなんと多いことか。

リールから針まで糸が一直線になってる。

なんで魚と綱引きしてるの?

なんで竿の弾力を活かさないの?

磯釣りをしている人間からすると当たり前の常識なんですが

竿って曲げてナンボ。

針がかりした魚が暴れて糸を切ろうとしたとき

竿が曲がっていることによってバネのような働きをします。

クッションの役割をします。

糸は急激な引っ張りに弱いので、竿が柔らかくしなることによって魚にソフトブレーキをかける訳です。

特に磯釣りは狙う魚に対して異常なほど細い糸を使うので、竿の弾力を如何に活用するか、が腕の見せ所なのですが

船で釣りをしている人達は皆型に嵌めたように竿を曲げないんですね。

何のための竿なの?

その竿意味あんの?


先日観た王様こと村田基が動画でその答えを言っていました。

ズバリ

曲げると折れるから

は?

竿って曲げるための道具じゃん?

何で折れるの?

動画の中で理由は明言されてなかったと思いますが

どうやら

竿が粗悪だから

っぽい。

ちょっと語弊があるかも。

もしかしたら設計者が竿とはナンタルカ理解してないのかも。

衝撃ですよね。

そんな竿に何万円も払ってる人がいる訳ですよ。

可哀想。


尚、誤解なきように補記しておくと

釣竿の役割は他にもあります。

仕掛けを投げるとか

ラインメンディングをするためとか

まあ色々あります。

でも一般的な船釣りではぶっちゃけ

木の棒

で充分じゃないかと思っちゃう。

そんだけ糸が強いんだもん。

竿である意味が無い。
スポンサーサイト



  1. 2024/01/26(金) 23:58:21|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<独立行政法人 製品評価技術基盤機構 | ホーム | 桐島、逮捕されたってよ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4755-71baae71