fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

タレックス

先日の初釣りは荷物が重過ぎて全身筋肉痛という反省がデカ過ぎて

初めて使ったタレックスレンズについて書くのを忘れてた。

このブログ読んでる人の内、偏光って聞いて何のことか分からない人ってどれぐらいいるんですかね?

いや、逆にわかる人の方が少ない可能性もあるか。

私は小学生の頃から偏光グラスを使っていたのでかなり身近な現象なんですが

細かい説明はググって調べて下さい。

多分Wikipediaあたりに詳しく書いてあるでしょう。

知らんけど。

ザックリ簡単に説明すると、光の波を一方向に制限するフィルターを搭載したサングラスを偏光グラスといいます。

コレを掛けると何が良いことがあるかというと

景色の中から色々なギラつきが抑えられる、という特徴があります。

そんなの普通のサングラスでも同じじゃん、と思う方もいるかもしれませんが

普通のサングラスは単に視界が暗くなるだけ。

偏光グラスは確かに視界が暗くなる点ではサングラスと同じですが

例えば釣りで使う場合、水面に映る白っぽい乱反射がカットされて

水面に浮くウキ、コマセに集まる魚、更には海底の障害物まで見えるようになるのです(水の透明度と水深にも依る)

偏光グラスを掛けると掛けないとでは視えている世界が違う

と言っても過言では無い。

それぐらい超重要にして釣りの世界では当たり前のアイテム。

それが偏光グラス。

先日はその中でもプロ釣り師の間ですこぶる評判の良い

タレックス

というメーカーのレンズを使用した偏光グラスを使ったんですが

感動する程違う。

普段は4000〜5000円ぐらいの安価な偏光グラスを使っていたんですが

景色がめちゃくちゃクリアに視える。

タレックスレンズには多種多様な色があり、それぞれに特徴があるんですが

私がチョイスしたのはパラメータをコントラストに全振りした

アクションコパー

十円玉みたいな茶色のレンズです。

コレがまあ凄い。

水面のウキがめちゃくちゃハッキリ視える。

但し、可視光透過率がタレックスレンズの中では比較的低いのかな?

マヅメ時などのローライトではちょっと見辛い。

一方で以前使ってた安い偏光グラスよりかは遥かに明るいので

真夏のピーカンで使用すると眩しいかもしれない。

となると

もっと明るいレンズと、もっと暗いレンズをそれぞれ用意する必要があるか。

…タレックス、高いんだよなぁ。

でもマヅメ時用にイーズグリーン、ピーカン時用にトゥルービューフォーカスの二つは欲しいね。
スポンサーサイト



  1. 2024/01/28(日) 17:15:11|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<神殺しの力 | ホーム | 蛇直球>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4759-fe3542fd