fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

予算計画

仕事の話ではないです。

釣りの話。


これから書くこの記事は誰に対してとかではなく

ただ何となく最近思ったことを書きます。

そもそもこのブログ自体誰かの需要に応える目的は皆無なのですが。


で、何を書きたいかというと

これから釣りを始めたいという人が何にお金を掛けるべきか

という話。


釣りといえば釣竿とリール

コレが派手な散財先になる訳ですが

よくこんなことを言う人がいます。

「初心者や釣りが下手な人ほど良い(高価な)道具を使え」

道理としては

釣りの腕が無いのだから、その分を道具の性能に助けてもらわないと良い釣りが出来ない。

個人的にはコレは半分正解半分間違い。

例えば私が好きな磯釣りを始めようという人がいたとして

いきなりインテッサG5を買えとはなかなか言えない。

いや、お金が有り余って困ってるという人なら話は別ですが

世の中そんな人いないでしょ。

取り敢えず磯釣りってこんな感じ、という雰囲気を味わってもらって

それで「よし!トコトンこの釣りに打ち込もう!」

ってなってもらってからでも遅くは無いでしょう。

むしろ長い竿の扱いに慣れてないのにいきなり高い竿を使って折ってしまった、なんてことになったら可哀想。

最初は安い竿、安いリールで充分だと思います。


そもそも高い竿と安い竿、何が違うのか。

例えば「10万円の竿は1万円の竿より10倍釣れる訳では無い。」

みたいな説明をする人がいますが、この説明は正しいようで正しく無い。

また「高い竿は安い竿に比べて快適な釣りができる」

という説明をする人もいますが、コレは正しいけれど、不十分。


高い竿が安い竿と何が決定的に違うか。

それは

デカい魚をキャッチできるか否か

ここに集約されると思いますね。


10万円の竿は1万円の竿の10倍釣れる訳では無い

という説明。

想定している魚が例えば20cmのアジで
想定している竿がトーナメントとリバティクラブ磯風

だったら正しい。

トーナメントを使っていたからといってリバティクラブ磯風を使っている人の10倍釣ることは難しい。


高い竿は安い竿に比べて快適に釣りが出来る

コレについては先程と同様にトーナメントとリバティクラブ磯風で比較すると確かに正しい。

まず竿が軽い。それでいてシャッキリ感があって操作し易い。

何よりガイドに糸絡みしにくいという点は特筆すべきでしょう。

しかし最大の違いはソコじゃない。


四国西南部、鵜来島などが浮かぶ海域は

日本全国の磯釣り師垂涎の巨大尾長メジナの巣窟

そこで60cmオーバーの尾長を数多く釣り上げ百戦錬磨で知られる

"鬼才"松田稔

誰しもが認める巨大尾長釣り名人です。


松田稔氏はがまかつという釣り具メーカーから発売される磯竿のプロトタイプを実戦でテストして意見をフィードバックするという

フィールドテスター

という仕事?をしていますが

松田稔監修の磯竿は名竿ばかり。

という評判になっています。

安くて10万円とかそういう価格帯の竿になります。


例えば、例えばですよ?

松田稔に1万円の竿で60cmの尾長メジナを釣って下さいとお願いしても無理だと思います。

それは松田稔のプライドとか信条とかそういうものが邪魔をしてトライしてくれない、という話ではなく

松田稔クラスの力量を持ってしても1万円の竿では60cm尾長は獲れない、という意味です。

もし松田稔がチャレンジしてくれたとして、もしかしたら針がかりさせることは出来るかもしれません。

でも絶対に獲れないと思います。

何故か?

極端な例え話をすれば

フナを釣る竿でマグロを釣るようなものなのです。

圧倒的にパワーが足りない。

1万円の竿で釣りをしたら40cmぐらいまでの尾長だったら獲れるかもしれませんが

50cmはもう厳しいでしょうね。釣ったこと無いけど。

60cmとかどう考えても無理。

一瞬で糸を切られるか、下手したら竿が折れるんじゃないかな?


このように、高い竿と安い竿の最大の違いは

デカい魚をキャッチできるか否か

その意味では四国西南部で尾長メジナ釣りという縛りで比較したら安い竿は0匹、高い竿は1匹でも釣り上がることが出来れば10倍とかそんなレベルの話では無くなってしまう訳で。


で、もう一つ重要なこと

高い竿は丈夫だが折れない訳ではない

ということ。

特に穂先。竿の先端の細い部分ですね。

高い竿は特殊な丈夫なカーボン繊維で作られているのでちょっとやそっと曲げただけではそう簡単には折れません。

しかし初心者ってちょっとやそっとじゃない曲げ方をする時があるんですよね。

ガイドに糸が絡まっていることに気付かずにリールを巻き過ぎて折ったり

餌を付けようと手元に集中していたら穂先を磯にぶつけたり

原因は色々考えられます。

私は安い竿で練習しましたが何回も折りました。


ある程度慣れてくるとどこに注意すれば良いか分かってくるので竿を折る頻度は少なくなりますが

高い竿を最初から使っていたら修理代がハンパないことになってしまいます。

だから始めのうちは安い竿で練習するのが良いかと思いますね。


しかしあまりにも安い竿とか道具って

やっぱり使いづらかったりするんですよね。

1番良いのは先達にそこそこのクラスの道具を借りることですね。

借り物だったら扱いも慎重になるでしょうし。

もし性に合わないと判断して辞めるときもお返しするだけですしね。

若干のお礼が必要かどうかは先達との関係性次第ですが。


それでもし「性に合ってる!」と感じて今後も磯釣りを続けようと判断したとして

まず最初にお金を掛けるべき道具は何か?

多くの人が竿やリールのグレードを上げたいと思うでしょうが

多少の経験を積んだ立場から言わせてもらうと、それは違います。


フローティングベストや磯靴など安全装備品は既に揃っている前提で話をするならば

最初にお金を掛けるべきは

サングラスです。

コレは最近私がタレックスに感動したから、というのも一因ですが、しかしだからこそ推したい。

偏光サングラスが高性能だと何が違うか。

何もかも違います。

視えている世界が違います。

海底の地形も魚の動きもハッキリ視えるようになると

「今まで私は何を視て来たんだろう?」

とすら思いますね。

視える景色が違うと状況判断が根本から変わったりします。

それによって釣りの組み立ても変わるでしょう。

当然釣果も変わってきます。


あとサングラスにお金を掛けるべき理由として

他の釣りにも流用できる

とか、なんなら

釣り以外の使用にも役立つ、例えばドライブとか。

って感じですかね。

サングラス、費用対効果デカいです。


次にお金を掛けるべき道具

磯釣りでならば「コマセ柄杓」ですね。

コマセにお金をいくら掛けても自分の思った通りにコントロールして撒くことが出来ないなら意味が無い。

例えば釣研のHPでマーケティング部の松大さんが歴戦の猛者等を相手にグレ釣りを挑戦する動画がアップされていますが

名人側のハンデに「ダイソーのヒシャクしか使っちゃダメ」

とかあったら超面白いと思う。

コマセの撒き方が物凄く制限されますからね。

もしかしたら松大さんのワンサイドゲームになってしまうかも。

ヒシャクも良いモノを使いましょう。


次はタモ。魚を掬う網ですね。

折角水面まで浮かせた大物を最後にキャッチするタモが重かったり柔らかかったりして上手く掬えなかったら元も子もない。

そういえば私も水面まで浮かせた推定ロクマルのクロダイをタモ入れミスってバラしたなぁ…

タモも良いモノを使いましょう。


最後は糸ですかね。

粗悪品の糸はブチブチ切れます。

特にナイロンの道糸。

以前父が600円/150mの糸を使ったら高切れ連発してストレスMAXになってましたね。

糸は魚と釣り人を繋ぐ大切な道具ですからね。

上質なモノを劣化する前に頻繁に取り替えましょう。


本当はウキとか他にも色々あるんですが

安いウキでも頑張れば釣れないことは無い

ので今回は割愛します。

どなたか参考にしてくれれば幸いです。
スポンサーサイト



  1. 2024/01/30(火) 09:20:05|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<期限 | ホーム | レンズカラー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4762-ec11810a