fc2ブログ

臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

リベラル優生学

今更になってデスティニープランにショックを受けてる。

というか

デスティニープランの内容を映画で知った。

いや

デスティニープランの存在、単語自体を知らなかった。

もしかして種デス途中で見るの辞めてるかも。


しかしアレですね

弱者男性論
暴力のモテ理論
婚活のリアル
ルッキズム
優生思想

この辺の単語をよく見るようになった2024年だからこそガンダムSEED FREEDOMが刺さるね。

そして2004年にこの辺の問題提起をしていたのか。

当時は上記単語を目にする機会も無かったから認識してなかった?のかも。


機動戦士ガンダムSEEDの功績は今回の映画で決定的になったような気がします。

強いかどうかは兵器の性能の差じゃない

的なことを言いつつ、最終的にガンダムの性能で圧倒する矛盾については目を瞑るとして

かつてキラが言った

「やめてよね…本気でケンカしたらサイが僕に敵うはずないだろ」

という名セリフ?はこのシリーズのテーマを象徴していますが

今回の映画ではキラがアコード連中にボコボコにされることからしても

上には上がいる

的な話であり

強者の理論に従うならば自分もまた弱者に転落する可能性がある

という不都合を受け入れなければならない(いや受け入れられない)

ラクス演説は綺麗な部分を掬ってみせてますが

本質の解決策は上記の部分では無いかな、と思いますね。


でも一部の人は理解出来ないだろうなぁ。

特に国民皆保険撤廃を称える人とか

まさか自分が弱者に転落するとは思ってないんだろうね。

想像力の致命的欠如ですよ。


自分は淘汰される側なんだな

とか考えてるとただでさえ抑うつで療養してるのに

ますます気分が滅入ってくるね。

もっとバカになろう。
スポンサーサイト



  1. 2024/02/27(火) 21:05:53|
  2. アニメ&ゲーム&声優|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<【不謹慎】インパクトスケール | ホーム | 【ネタバレ無し】機動戦士ガンダムSEED FREEDOM【安心】>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arawasi.blog9.fc2.com/tb.php/4792-20b5fa6e