臥龍の最先端研究

釣りと堀江由衣とラジオについての日記。

ホウ酸だんご

「俺の釣竿を見てくれ」ボロン


今でこそ釣竿の材質といえばほとんどがカーボンファイバーですが

昔はグラスファイバーが主流で、カーボンなんて一部の高級機種にのみ許されたスペックだと思ってました。


カーボン含有率が高いほど高級な竿

そのように思っていましたが、ある程度の価格帯になるとカーボン含有率は99%以上になってしまいますが

一口にカーボンといってもその質には多様なものがあるらしく

特に高密度になればなるほど反発力が強くなる傾向にあるようで

より良いカーボン素材を使うことで高級な釣竿が下位機種との差別化を図っているようです。


他にも

テーパーや調子の設計

4軸カーボンやメタルトップなどの開発

ガイドやリールシートなどの付属物の改良

最近ではカーボン繊維を束ねるレジン質の改良にも注意が向けられているようです。


ただ、これは最近の流れで

少し前まではカーボン以外の材質を補強材にする流行が、あったらしい。

アラミド繊維

ザイロン

そしてタングステンワイヤーにホウ素を蒸着させたボロン繊維


それぞれに一長一短あったようですが

カーボンの普及に伴い淘汰された(?)ようです。


かつてはカーボン25%以上かつボロン繊維が5%以上含まれる釣竿は

ボロンロッド

を名乗ることを赦され高級釣竿として販売されていたそうな。

その特徴は

重い、硬い、脆い

折れる時は粉々に砕け散るらしい。

何ソレ痛そう


磯竿の穂先を折ったことは何度もありますが

補強材が用いられるようなバット部分で折ったことは1回だけですね。

グラスファイバーロッドですが。


KINGSTONのNEW TRISTAR 390

根掛かりを外そうと思いっきり煽ったら元竿部分から

み゛しゃッ

っと嫌~な音を立てて

粉々に砕け散ったグラスファイバー繊維がダイヤモンドダストのようにキラキラと舞って

「あ、コレ吸ったらアカン奴や」

と思ったのを覚えています。


ホウ素(boron)

超高強度材料として用いられていることは知っていますが

反面加工が非常に難しい材料であることも有名だと思いますが

ぶっちゃけ釣竿に採用するにはデメリットがデカすぎる素材だと思うんですよね。


何でこんな素材を釣り竿に使ったというとどうやら理由は

高級感が出るから。

らしい。


ネットで軽く検索すると簡単に見つかりますが

昔は「ボロンロッド」と謳うだけで高級釣竿として飛ぶように売れたとか何とか。

しかも「ボロンを使用していない」にもかかわらず、だそうです。

つくづく釣り具メーカーというのは「釣り人を釣るのが上手い」なぁ、と思いますね。
  1. 2017/02/16(木) 23:30:22|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結び目理論2

細ハリスはサルカンを使って結節

とかさらっと書いたけど

サルカンの結節方法はどうするのか

という問題がある訳ですが


先日のフィッシングショーでサンラインのブースで結節強度測定をやってみましたが

8lbラインで3.40kgまで耐えられました。


一般に8lbラインの強度は3.629kgとされているので

約94%の結節強度を保てているようですね。

ちなみに漁師結びです。


結節強度は経験的に

摩擦力、応力集中、剪断力のバランスが大事かな、と思っています。


結局いつも通りのタックルに帰結しそう。
  1. 2017/02/14(火) 09:18:53|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結び目理論

wikipediaで位相幾何学の1種として解説してあるけど

欲しい情報はコレじゃない。


ナイロンラインとフロロカーボンハリスの結節は何が強いのか。

そんなことばっかり考えてる。


ロングハリスを使おうとすると輪の中を引き抜く必要があるから

トリプルサージャンスノット

は面倒だなぁ、と思ったけど

よくよく考えるとラインだけで締め込む前の状態にしておいて

ハリスをラインの端末側から添わせて縫う方法もあるな

と思って試したけど

余計に面倒。


ロングハリスを引き抜かなくても良い結節方法として

ストロングノット

を使う人が多いみたいだけど

結び方がシンプルな割に締め込みのバランスが難しい。

安定した強度を発揮するにはかなり練習が必要らしいけど

そもそも結び目を見た時点で弱そう。


8の字結びもシンプルだけど

引っ張るとかなり簡単に切れる。

結びコブが小さすぎて応力が集中し過ぎるのか?


他はあまり試す気にもならないので結局は

太ハリスならトリプルサージャンスノット
細ハリスならサルカン使って結節
ロングハリスはトリプルサージャンスノットを頑張って引き抜く

こんな結論になりました。


腰痛のため釣りに行けないときはそんな実験をやってます。


糸の結びは得意だけど

縁の結び方はサッパリ分からない。


臥龍さんの好きなチョコは

メンタルバランスチョコレート GABAです。
  1. 2017/02/14(火) 08:11:25|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東良隆

先日の釣りでずーっと立ちっぱなしだったせいか

猛烈に腰が痛い。

そんなときは大抵エアーサロンパスを背中から腰に掛けて振り掛けまくって誤魔化すんですが

今回は効き目が追い付かない。

仕方なく滅多に使用しないボルタレンローションを塗るも大差なし。

ボルタレンテープを貼るとやや楽になった感はあるものの、やはり痛い。


副作用が嫌なので本当は飲みたくないんですが背に腹は代えられないので仕方なく

ロキソニン

を服用。


驚くべき効き目。

むしろこんなに効くことが恐ろしいくらい。


あまり飲みたくないにも関わらず

手元にいっぱいロキソニンがあるのは

脳腫瘍摘出後の頭痛を和らげるためのものだったんですよね。

まあ、頭痛に対しては何となく効く程度の効果でしたが。
  1. 2017/02/02(木) 22:47:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

尺アジ

大して書きたいことが無くても書かないと精神的にヤバいときは更新頻度が高くなりますが

書きたいことが無いことも無いけど書かなくても精神的にはどうと言うことも無い程度に忙しいときは更新頻度が落ちますね。

精神安定剤としてブログを更新しているので目的は果たせてますね。


別に精神的には問題無いんですが釣りに行ったので釣果報告です。


金曜日は南寄りの風が20m/sぐらい吹いていたらしいですが

土曜日は一転して北風。6~8m程度。

多少のウネリを覚悟していましたが、まあ釣りはできる程度のレベル。

と言うことで朝6時30分頃和田漁港到着。

いつも通り旧仁我浦港船道に陣取ってスタート。


今回のタックル
ロッド:INTESSA G-V 125-50
リール:BB-X DESPINA P3000D→TOURNAMENT ISO 3000SH-LBD
ライン:磯スペシャル GOLDISH 1.75号→銀鱗スーパーストロング アイサイト2号


今回のコマセ
オキアミ3kg×1
爆寄せチヌ×1
チヌパワーV10白チヌ×1

上記を7割使ったところで下記を追加
アミ1kg×1
チヌパワー徳用×1÷2
イワシパワーグレSPECIAL×1


1投目から木っ端口太。

その後はフグフグフグ…


前々回は遠投して大物が釣れたのでコレに味をしめて遠投からスタートしましたが

エサ取り分離をしなかったせいか遠投すればフグばかり。


逆に手前からスタートした父が3投目でいきなり40cmのクロダイを上げる。


これは今日は爆釣か?

と思ったまま昼過ぎまで目ぼしい釣果無し。

精々50cmオーバーのボラぐらい。

驚いたのはこのサイズのボラでもスイスイ寄ってくること。

これがINTESSAの実力か!(違います


ハリスを1.2号に落としたらこの日一番の手応えのアタリがあるも

一瞬でブチ切られる。

直ぐに1.5号に戻す。


父が何やら大物を掛けるも魚の顔を拝む前にバラシ。

やはりこの釣り場は何か大物が潜んでいる。


足元で推定80cmぐらいのサメが3匹ほどウロチョロしているのが気にはなる。

いつもは1mぐらいの奴1匹なんだけどなぁ…


13時過ぎにコマセを買い足しついでに場所を移動。

といっても、旧仁我浦港船道から堤防の先端に移動するだけですが。


堤防先端はかなり久しぶりに入りましたが

以前はポイントが分からず攻め方も闇雲で中々釣果が上がりませんでした。

まあ、今でもポイントは分かりませんが分からないなりにも何となく攻め方は分かるので

オペレートs-03で沈めていくとスルスルっとアタリ。

上がってきたのは33.5cmの口太。

やはり和田のポテンシャル高いわ。


隣でアジングやっていたと思しきお姉さんはノーバイトでいつの間にか帰ってしまった夕方

目の前を漁船が5往復ぐらいして刺し網を投入。

嫌がらせか。

昔も同じことをやられたような気がする。

ポンコツ船とポンコツ漁師と呼ぶことに決めました。


日没直前の午後5時頃、かなーり深いタナで久しぶりのアタリ

上がってきたのは良型のアジ。

帰宅後に計測したらジャスト30cmの尺アジでした。

納竿直前にもう1匹追加。


今回の釣果

臥龍
口太×多数(最長寸33.5cm)
アジ×2(最長寸30cm)
ボラ×1
フグ×多数


クロダイ×1(40cm)
口太×多数
ベラ×1
フグ×少々


今回の損耗

エイジアLCマスターピース03×1
黒魂R00×1 [尺アジ]の続きを読む
  1. 2017/01/30(月) 00:02:35|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ